川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

読書

詩情の力は小さくて、それでも強大な力に対抗する「よすが」になる(谷川俊太郎さん)

投稿日:2014年10月28日 更新日:

谷川俊太郎さんの「詩を書くということ」を読む。

僕は、詩情、ポエジーってものをすごく広い意味で捉えたいと思っているから、そういうものを全部ひっくるめて、非常に過酷な現実に対しての詩情の力っていうものが、非常に微小な力だけれども、暴力、財力、権力という強大な力に対抗する、ひとつの「よすが」になると考えているんですけどね。

わからない世界ってものを一方に持ってないと、なんか人間はどんどん傲慢になっちゃって、しかもなんか貧しくなる。痩せてくるような気がしますね。うん。だから今ほら、もう全部デジタルに言語化されていきますよね。
谷川俊太郎
詩を書くということ (100年インタビュー)

小さな力だけれど、無ではない。一方で、すべての範疇を言葉が解すると考えるのは危ういということを谷川俊太郎さんは教えてくれている。

それっぽい理論や理屈に容易に触れられるようになって、僕たちは簡単にわかったような気持ちになれる。そうして、想像の世界を頑なに拒絶してしまう。あるいは、直感という感覚だけを信じ込んで客観性を保つことができず、いつかの鈍化に気付かないまま裸の王様になってしまう。

仕事を通じていつも自分が感じていることは、詩情と言語の世界でも同じことがいえて、輪郭を意識しながら曖昧な色を許容するような、そんな立ち位置が豊かさをもたらしてくれるのかなということを改めて思い知った。

僕はASKAが好きで、ASKAは谷川俊太郎さんの世界に影響を受けている。

どちらの世界が先に、というわけでもなく、どちらか一方の世界に触れて、これは他方のあの言葉に影響を受けたんだな、影響を与えたんだな、と気付くとき、宇宙を通り抜けていく一筋の光明に照らされたような感動を覚える。とても抽象的な感覚だけれど、その感覚が生きている間は、僕も表現の世界に身を置いていたいと思う。

生きている毎日は、出逢えてよかったなと思うひとやことの連続。

Google

Google

-読書
-

執筆者:

関連記事

安福望さんの「食器と食パンとペン 私の好きな短歌」を購入 ~本の振ってくる時間を過ごしたい

食器と食パンとペン 私の好きな短歌という安福望さんの書いた(描いた)本を購入。安福さんは好きな短歌にご自身の絵を添えて紹介されている(→安福望さんのブログ)。 自分の創作がこんな風に違うクリエイターの …

no image

明石の夕日がパンダになる瞬間 ~夕焼けパンダと谷川俊太郎さんの見上げた空と

読売新聞で紹介されていた夕焼けパンダの画像。ヤッターマンに出てくるドクロに見えなくもないけど^^; (画像リンク先は読売新聞) 「夕焼けパンダ」1年に数日だけ…ネットで話題 : 社会 : YOMIUR …

no image

回天特攻の島、大津島。人間魚雷は本当にあった話。

これまでに何度も読み返した漫画といえば特攻の島になるのだろう。人間魚雷の目となって、敵艦に突撃していく若者たちの命の物語。 産経新聞のなかで紹介されていた遺書は、消えてしまう己の命よりも家族を思いやる …

no image

特集、京阪神の新快速電車2017 ~鉄道ダイヤ情報2017年2月号

かつて京阪神間をエースとして走り抜けた117系に、草津線で再会した。 単色に染められた6両編成。単線である草津線を往復している姿はまさに余生という印象を受けた。221系や223系、225系といった近代 …

no image

ある閉ざされた雪の山荘で ― 第三者の視点。

ある閉ざされた雪の山荘で(東野圭吾さん)、読了。早春の乗鞍高原のペンションに集まったのは、オーディションに合格した若き男女七名。これから舞台稽古が始まるのだ。豪雪に襲われ孤立した山荘での殺人劇である。 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly