川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

読書

詩情の力は小さくて、それでも強大な力に対抗する「よすが」になる(谷川俊太郎さん)

投稿日:2014年10月28日 更新日:

谷川俊太郎さんの「詩を書くということ」を読む。

僕は、詩情、ポエジーってものをすごく広い意味で捉えたいと思っているから、そういうものを全部ひっくるめて、非常に過酷な現実に対しての詩情の力っていうものが、非常に微小な力だけれども、暴力、財力、権力という強大な力に対抗する、ひとつの「よすが」になると考えているんですけどね。

わからない世界ってものを一方に持ってないと、なんか人間はどんどん傲慢になっちゃって、しかもなんか貧しくなる。痩せてくるような気がしますね。うん。だから今ほら、もう全部デジタルに言語化されていきますよね。
谷川俊太郎
詩を書くということ (100年インタビュー)

小さな力だけれど、無ではない。一方で、すべての範疇を言葉が解すると考えるのは危ういということを谷川俊太郎さんは教えてくれている。

それっぽい理論や理屈に容易に触れられるようになって、僕たちは簡単にわかったような気持ちになれる。そうして、想像の世界を頑なに拒絶してしまう。あるいは、直感という感覚だけを信じ込んで客観性を保つことができず、いつかの鈍化に気付かないまま裸の王様になってしまう。

仕事を通じていつも自分が感じていることは、詩情と言語の世界でも同じことがいえて、輪郭を意識しながら曖昧な色を許容するような、そんな立ち位置が豊かさをもたらしてくれるのかなということを改めて思い知った。

僕はASKAが好きで、ASKAは谷川俊太郎さんの世界に影響を受けている。

どちらの世界が先に、というわけでもなく、どちらか一方の世界に触れて、これは他方のあの言葉に影響を受けたんだな、影響を与えたんだな、と気付くとき、宇宙を通り抜けていく一筋の光明に照らされたような感動を覚える。とても抽象的な感覚だけれど、その感覚が生きている間は、僕も表現の世界に身を置いていたいと思う。

生きている毎日は、出逢えてよかったなと思うひとやことの連続。

Google

Google

-読書
-

執筆者:

関連記事

no image

どちらかが彼女を殺した ― 心壊れる生き物だから。

どちらかが彼女を殺した(東野圭吾さん)読了。著者: 東野圭吾 出版社: 講談社 サイズ: 文庫 ページ数: 355発行年月: 1999年05月 最愛の妹が偽装を施され殺害された。愛知県警豊橋署に勤務す …

経営センスを試す起業シミュレーションブック「模擬起業」という本が面白そう

模擬起業 あなたの経営センスを試す起業シミュレーションブックという本が面白そう。 主人公は、ある日、古い友人から起業の誘いを受ける。かねて自分の手でビジネスを始めたいと願っていた主人公は、友人とともに …

読書記。

旅行中に読み終えた本。 東野圭吾「レイクサイド」「予知夢」。 レイクサイド 新装版実業之日本社この本の詳細を見る 予知夢文藝春秋この本の詳細を見る

no image

明石の夕日がパンダになる瞬間 ~夕焼けパンダと谷川俊太郎さんの見上げた空と

読売新聞で紹介されていた夕焼けパンダの画像。ヤッターマンに出てくるドクロに見えなくもないけど^^; (画像リンク先は読売新聞) 「夕焼けパンダ」1年に数日だけ…ネットで話題 : 社会 : YOMIUR …

no image

名探偵の掟 ― くだらない天才に出会った。

東野圭吾さん、「名探偵の掟」読了。 名探偵の掟 講談社文庫 著者:東野圭吾 出版社:講談社 サイズ:文庫/348p発行年月:1999年07月完全密室、時刻表トリック、バラバラ死体に童謡殺人。フーダニッ …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly