川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

ピアノの演奏を人前で披露するということ ~YESから始めてカタチにしていく

投稿日:

表現力のルーツになっているのは親が20年もレッスンに通わせてくれた「ピアノ」だし、経営者のルーツになっているのは親の「商売人」としての姿だと思っている。

先生に怒られてばかりのレッスンが大嫌いで、演奏の技術は上達しないままだった。そんな自分だけれど、「伝える」が「どう伝わるか」を想像する癖があるのは、やっぱり鍵盤と過ごした日々があったからなんだろうと思う。商売が苦しくて僕を学校に通わせることさえ難しくなった時でさえ、レッスンに通わせてくれた、ピアノを売らないでいてくれた。そんな両親には、いつもずっと感謝ばかりだ。

そんな話をあちこちでしていたせいで、2015年はもしかすると演奏を人前で披露する機会が訪れるかもしれない。「伝える」と「伝わる」に注力していく自分のルーツをお届けできれば、また、本業の方でも可能性を感じ取ってくださる方が増えるかもしれない。そんな物語を想像して、前向きな返事をしてみようかなーと思い始めている。これも挑戦、YESから始めてカタチにしていくこともきっと。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

お客さまに頑張り過ぎたいほどの気持ちで。

嬉しかったこと。 月にウン十万というお金をコンサルに支払っているある会社さんが2社、それぞれどちらも、自分の持っていく企画や業務改善のやり方を実践して下さって、効果が出ていて、秋からは、コンサルとの契 …

もっと降れーぃ。

わが家の屋上から。 雪が大好きです。 ほとんど寝ないで、降り始めるのを待っていました。 積もれ積もれ。

no image

岡山空港の離発着を眺めつつ。

1月4日金曜日、昼から。 大学時代の友人Sと、その奥さんがやってくる。パソコンと液晶テレビの購入相談。 晩飯は例によって焼肉。 焼肉といえば、ほぼ、間違いなく奴とだなぁ。 1月5日土曜日&日曜日。 朝 …

ふらんす堂から出版された益岡茱萸(ますおかぐみ)俳句句集「汽水」を発注した!

同じコピーライターである益岡茱萸(ますおかぐみ)さんの汽水(句集)を発注。 益岡茱萸さんは、コピーライターとして言葉を武器として広告業界を生き抜いてきた方だ。コピーは俳句とはちがう。どんなにすぐれたコ …

電信柱に捨てられた生首(残酷!)。

何なんでしょかいったい!?

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly