川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

ピアノの演奏を人前で披露するということ ~YESから始めてカタチにしていく

投稿日:

表現力のルーツになっているのは親が20年もレッスンに通わせてくれた「ピアノ」だし、経営者のルーツになっているのは親の「商売人」としての姿だと思っている。

先生に怒られてばかりのレッスンが大嫌いで、演奏の技術は上達しないままだった。そんな自分だけれど、「伝える」が「どう伝わるか」を想像する癖があるのは、やっぱり鍵盤と過ごした日々があったからなんだろうと思う。商売が苦しくて僕を学校に通わせることさえ難しくなった時でさえ、レッスンに通わせてくれた、ピアノを売らないでいてくれた。そんな両親には、いつもずっと感謝ばかりだ。

そんな話をあちこちでしていたせいで、2015年はもしかすると演奏を人前で披露する機会が訪れるかもしれない。「伝える」と「伝わる」に注力していく自分のルーツをお届けできれば、また、本業の方でも可能性を感じ取ってくださる方が増えるかもしれない。そんな物語を想像して、前向きな返事をしてみようかなーと思い始めている。これも挑戦、YESから始めてカタチにしていくこともきっと。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

夕食も。

食わねば。 今日は、他に泊まり客はいなくて貸し切りだそうです。

no image

気ままに川柳生活。

川柳マガジン6月号届く。久々に2句/3選者抜けていた。 全国の書店に並ぶこの雑誌、自分の名前と句が活字になる感覚は、いつも新鮮で嬉しい。言い換えると、普段、自分たちの作っている「ふあうすと」誌だって、 …

文具コーナー。

こういうお店に来ると必ず覗いてしまいます。

神戸学院大学前、はせ川。

はせ川定食1580円。 多っ!

蛍をみにきました。

愛犬の御墓参りの帰り。 写真では真っ暗ですが、じつはホタルがたくさーん光っています。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly