川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

失敗は財産。だから、だれかに分け与えることもできる

投稿日:

ひと口食べて美味しくないと思う。でも、最後まで食べきってはじめて、この料理の価値はわかるのかもしれない。最後のひときれに極上の喜びが待っているのだとすれば? だから、食べきってみる。「ひと口食べて全体を予測できないようではダメだ」というのも正論だろう。ただ、その予測するチカラも幾多の失敗を経て養われるもの。失敗を予測できるようになるためには失敗をしなければならないということだ。

大切なことは失敗の仕方。素振りを100回すると決める。決めたらそこまではやり抜く。50回あたりで無駄かもしれないと思うのではなく、100回の時点で変化を測定する。最初に決めたところまで行きつかず、わかったような気持ちになってその失敗を重ねたところで、それは財産にはならない。どんなことをいつまでに、どんな風にやり抜くか決める。そして何が失敗だったかを考える。痛みを最小限に食い止めれば再起を図ることもできるだろうが、痛みのない失敗は、また、次に、痛みのない失敗を連れてくるだけなのではないだろうか。骨の折れるまで、こころの折れるまで繰り返したようなことを挫折と呼び、その痛みの先に得た自分だけの未来は何よりも貴い。

一日が終わるころ、いつも、今日の失敗を振り返る。何年やっても、何度やっても、また、同じような失敗を繰り返していることにガッカリする。申し訳ないと思う。誇れるものは、成し得た何かよりも、失敗の数の多さだけ。落とし穴の多さと痛み。それでも「こんな風にすると痛いよ」と伝えられる何かがあるだけ、誰かの何かにかかわる価値はあるのかもしれない。失敗は財産。だから、だれかに分け与えることもできる。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

no image

こんな風に人生に関わりを持てる仕事です。

ジュニア川柳の入力。 小学校に通う子供たちの川柳と、お名前を入力していきます。どの句も純粋。 見たまんま、思ったまんまを伝えられることって、素晴らしいことですね。 僕らはよく、「いかに形容詞を使わずに …

嫌なことは明示し続ける 〜経営者には人それぞれの悩みがある

昨日のブログで悩んでいることを打ち明けたら、たくさんの方からコメントやメッセージ、電話をいただいた。感謝。悩みのない経営者なんていない。人間は誰も同じ。自分だけが弱いわけではない。 嫌なことは嫌だと言 …

no image

秋になると検索される言葉 ~お日柄は天気のことではなくて、天高く馬肥える秋はのんびりした意味ではない

コトバノで、とある実験を開始。「こうなれば面白いことになるんじゃないかな」と仮説を立てて、実際にそれに取り組んでみる。結果が出れば「成功体験」として、それをまたお客さんに仕組みを売っていけるようになる …

no image

経営者に評価されるための仕事をするのでなく、お客さんに選ばれてこそ ~仮説を経験に、商品に

目標は具体的であればあるほど良いが、数字を伴う場合、その根拠を求められる場合がある。それでも思うのは、僕たちは中小零細企業であって、その予測をするために費やせる予算と時間は限られているということだ。僕 …

教養とは、人を許すためにある(石田純一さん) ~許せるから広がる、深まる

「教養とは、人を許すためにある」と俳優の石田純一さんは言う。 インプットは大切なことだけれど、それは開店前に店の掃除をするのと同じくらいに当たり前のことだと思っている。「こんなセミナーに行ってきました …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly