川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

失敗は財産。だから、だれかに分け与えることもできる

投稿日:

ひと口食べて美味しくないと思う。でも、最後まで食べきってはじめて、この料理の価値はわかるのかもしれない。最後のひときれに極上の喜びが待っているのだとすれば? だから、食べきってみる。「ひと口食べて全体を予測できないようではダメだ」というのも正論だろう。ただ、その予測するチカラも幾多の失敗を経て養われるもの。失敗を予測できるようになるためには失敗をしなければならないということだ。

大切なことは失敗の仕方。素振りを100回すると決める。決めたらそこまではやり抜く。50回あたりで無駄かもしれないと思うのではなく、100回の時点で変化を測定する。最初に決めたところまで行きつかず、わかったような気持ちになってその失敗を重ねたところで、それは財産にはならない。どんなことをいつまでに、どんな風にやり抜くか決める。そして何が失敗だったかを考える。痛みを最小限に食い止めれば再起を図ることもできるだろうが、痛みのない失敗は、また、次に、痛みのない失敗を連れてくるだけなのではないだろうか。骨の折れるまで、こころの折れるまで繰り返したようなことを挫折と呼び、その痛みの先に得た自分だけの未来は何よりも貴い。

一日が終わるころ、いつも、今日の失敗を振り返る。何年やっても、何度やっても、また、同じような失敗を繰り返していることにガッカリする。申し訳ないと思う。誇れるものは、成し得た何かよりも、失敗の数の多さだけ。落とし穴の多さと痛み。それでも「こんな風にすると痛いよ」と伝えられる何かがあるだけ、誰かの何かにかかわる価値はあるのかもしれない。失敗は財産。だから、だれかに分け与えることもできる。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

自分のやっている仕事の価値や必要性に客観性を持つことは難しい

 およそ5年半に及ぶ「平成の大修理」を終えた世界文化遺産・国宝姫路城(姫路市)で26日午前、完成記念式典が開かれた。関係者ら約千人が出席したほか、城内や周辺に市民や観光客ら約6万人が詰め掛けた。白鷺に …

神戸で販促なら、神戸で一番「さん付け」をされるようになったマーケティングに強い会社に頼んでみる

タイトルは釣り。でも本音。 販促の相談をしてこられるお客様は、金銭的にも精神的にも余裕があるわけではない。こちらが拘束される時間に対してのフィーを請求することが本来かもしれないが、その成果に対してバッ …

no image

心はてんこ盛りにする。

「そういう書き方をすると、相手はどう思うだろう」 「ここですぐに電話をしなければ、相手は不安にならないか」 「まずはゴメンナサイって、謝るべきではないか」 私は、綺麗な言葉と心遣いを忘れずに、仕事をし …

no image

雨風に耐えて窓を開けている、誰かの想いを繋ぎ合うものは何か 〜言葉の仕事、書くを生業とすること

生業のために言葉を選んだのではなく、伝えたくて大切にしてきたものが生業となっただけのことだ。想像を喚起する言葉、または詩歌。すべてを書いてしまえば説明書になってしまう。たとえば「雨風に耐えて窓を開けて …

no image

SEOは当たり前であるものとして、つぎ。

日曜日、本日もお仕事の電話を頂戴しました。是非、実際にお会いして、色々とお話をお伺い出来ればと思っています。 ご紹介、ありがとうございました。 === SEOといって、検索エンジンの上位に表示させるこ …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly