川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

失敗は財産。だから、だれかに分け与えることもできる

投稿日:

ひと口食べて美味しくないと思う。でも、最後まで食べきってはじめて、この料理の価値はわかるのかもしれない。最後のひときれに極上の喜びが待っているのだとすれば? だから、食べきってみる。「ひと口食べて全体を予測できないようではダメだ」というのも正論だろう。ただ、その予測するチカラも幾多の失敗を経て養われるもの。失敗を予測できるようになるためには失敗をしなければならないということだ。

大切なことは失敗の仕方。素振りを100回すると決める。決めたらそこまではやり抜く。50回あたりで無駄かもしれないと思うのではなく、100回の時点で変化を測定する。最初に決めたところまで行きつかず、わかったような気持ちになってその失敗を重ねたところで、それは財産にはならない。どんなことをいつまでに、どんな風にやり抜くか決める。そして何が失敗だったかを考える。痛みを最小限に食い止めれば再起を図ることもできるだろうが、痛みのない失敗は、また、次に、痛みのない失敗を連れてくるだけなのではないだろうか。骨の折れるまで、こころの折れるまで繰り返したようなことを挫折と呼び、その痛みの先に得た自分だけの未来は何よりも貴い。

一日が終わるころ、いつも、今日の失敗を振り返る。何年やっても、何度やっても、また、同じような失敗を繰り返していることにガッカリする。申し訳ないと思う。誇れるものは、成し得た何かよりも、失敗の数の多さだけ。落とし穴の多さと痛み。それでも「こんな風にすると痛いよ」と伝えられる何かがあるだけ、誰かの何かにかかわる価値はあるのかもしれない。失敗は財産。だから、だれかに分け与えることもできる。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

3つのブログを更新し続けることによって中小企業の社長が得た3つのメリット

何かを発信しようとしても、ほとんどの人は細部までは読んではいない。 それでも、何かを発信し続けようとする継続の姿勢は「頑張ってるよね」という評価を得ることができる。ニュースレターやメルマガ、そしてブロ …

no image

伝わる喜びを想像して、伝えるチカラを創造する。【伝】を具体化する本気の一年にする。

「頑張る」という言葉が好きでないのは、何をいつまでにやるのかが不明確だからだ。「刺激」「学び」「気付き」という言葉とも似ている。刺激を受けたから、どうなのか。学んだから、何をやるのか。気付いたから、何 …

高田純次さんに憧れる僕の「売るのではなく、選ばれる」生存戦略

とても頭の良いお客さんがいて、どんな会話でも気の利いた返事をしてくれる。頭の回転が速すぎて、早死にしてしまうのではないかと心配になるくらいに。こんな風になりたいと思って、僕はいつも高田純次さんの動画を …

no image

神戸の前川企画印刷、新サービスのキーワードは「禁煙」。

ところでこの秋、神戸の前川企画印刷。 立て続けに、新しいサービスを始めます。デザイナー泣かせの、オリジナルデザイン名刺が100枚で1000円のブロガー名刺は勿論これからもデザイナーを泣かせ続けるための …

no image

関西地区、計画停電中における前川企画印刷(ブロガー名刺)の対応について

報道等でもご承知の通り、この夏、前川企画印刷のある神戸市では、計画停電が予定されております。 前川企画印刷では、以下のような態勢を整えることで、出来るだけお客様にご迷惑をおかけすることのないように対応 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly