川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

経営者に評価されるための仕事をするのでなく、お客さんに選ばれてこそ ~仮説を経験に、商品に

投稿日:

目標は具体的であればあるほど良いが、数字を伴う場合、その根拠を求められる場合がある。それでも思うのは、僕たちは中小零細企業であって、その予測をするために費やせる予算と時間は限られているということだ。僕はだから、ここの数字は完全なでっち上げで構わないと思っている。ただ、でっち上げが大きくなりすぎると夢物語と揶揄されてしまうようになる。仕事をしていくうえで、これはノイズになってしまい精神衛生上よろしくない。ある程度現実的な数字で、それっぽく伝えるトークの仕方を研究する。「仮説」と自分で呼んでみる。その程度でいいじゃない。経営者に評価されるために仕事をしているのではない。お客さんに選ばれたらそれで良いのだ。

僕はこの記事を「ソフトバンク 機種変更」「iPhone 機種変更 アドレス 使えない」などのキーワードで検索されることを想定して書いた。そして、機種変更は週末に行われることが多いから、土曜日や日曜日にアクセスが増えるのではないかと予想をした。

結果は見事その通りで、週末になるとこの記事へのアクセスは普段の4~5倍以上になる。つまり「仮説が立証」されたわけだ。

仮説を立てる、そして実行して結果を出す。このプロセス自体が僕の「ノウハウ=商品」となって、お客さんに選んでいただくための材料の一つとなっていく。風が吹けば飛ぶような小さな小さな存在は、こうやって自分の出した結果をカタチにしていくことでしか評価は得られない。知識ではなく、経験を売る。僕の競合にはコンサルタントを自称する人たちがたくさんいるが、資格でも肩書きでもなく、僕はこの経験を認めて選んでいただけるよう、旗をしっかり振り続けていきたい。負けるのはやっぱり悔しい。

失敗も含めての経験、僕の価値。いくつもの実験を並行して、「僕はこんなことをやってきましたよ」を言葉で伝える。知識は誰にでも伝えられるが、経験は僕だけのものだ。それが僕の誇りでもある。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

no image

笑われると笑わせるの違いとは 〜自分と異なることは悪ではなく個性

プライドのないような振りをして生きていることも、また、その人が命とプライドを守るために選んだことなのだから、やっぱり僕たちは、人のなにかを簡単に笑ったり批判したりしてはいけないと思うのです。 笑われる …

no image

神戸で一番さん付けをされる会社になれば、ブランディングは成功したと言えるのだろうか

前川企画印刷のことを、「神戸で一番さん付けをされる会社」だと僕は書いて、その理由を問われる会話の流れに持ち込もうとする。答え方はいつも決まってる。「実際に前川企画印刷で検索してみてください」 流行りの …

no image

目と目で会話の出来る人と出逢えることは、僕の何よりの財産だ

知識や知恵の習得には時間がかかっているわけで、ひとからもらう「無形のなにか」には最大限の敬意を払えるようでありたい。 仕事に関する違和感のほとんどは、「ありがとう」がないときに生じる。 — …

no image

心はてんこ盛りにする。

「そういう書き方をすると、相手はどう思うだろう」 「ここですぐに電話をしなければ、相手は不安にならないか」 「まずはゴメンナサイって、謝るべきではないか」 私は、綺麗な言葉と心遣いを忘れずに、仕事をし …

「そういう商品」が「僕たちの商品」になる、実地で触れた生産者の方々の想い

うちのメンバーと紙漉き体験に。 紙をつくるプロセスをビデオで学び、働いている方にインタビューして苦労を知る。その想いを伝えていくことも含めて自分たちの役割なのだということに気が付けば、安易な安売りをし …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly