川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

経営者に評価されるための仕事をするのでなく、お客さんに選ばれてこそ ~仮説を経験に、商品に

投稿日:

目標は具体的であればあるほど良いが、数字を伴う場合、その根拠を求められる場合がある。それでも思うのは、僕たちは中小零細企業であって、その予測をするために費やせる予算と時間は限られているということだ。僕はだから、ここの数字は完全なでっち上げで構わないと思っている。ただ、でっち上げが大きくなりすぎると夢物語と揶揄されてしまうようになる。仕事をしていくうえで、これはノイズになってしまい精神衛生上よろしくない。ある程度現実的な数字で、それっぽく伝えるトークの仕方を研究する。「仮説」と自分で呼んでみる。その程度でいいじゃない。経営者に評価されるために仕事をしているのではない。お客さんに選ばれたらそれで良いのだ。

僕はこの記事を「ソフトバンク 機種変更」「iPhone 機種変更 アドレス 使えない」などのキーワードで検索されることを想定して書いた。そして、機種変更は週末に行われることが多いから、土曜日や日曜日にアクセスが増えるのではないかと予想をした。

結果は見事その通りで、週末になるとこの記事へのアクセスは普段の4~5倍以上になる。つまり「仮説が立証」されたわけだ。

仮説を立てる、そして実行して結果を出す。このプロセス自体が僕の「ノウハウ=商品」となって、お客さんに選んでいただくための材料の一つとなっていく。風が吹けば飛ぶような小さな小さな存在は、こうやって自分の出した結果をカタチにしていくことでしか評価は得られない。知識ではなく、経験を売る。僕の競合にはコンサルタントを自称する人たちがたくさんいるが、資格でも肩書きでもなく、僕はこの経験を認めて選んでいただけるよう、旗をしっかり振り続けていきたい。負けるのはやっぱり悔しい。

失敗も含めての経験、僕の価値。いくつもの実験を並行して、「僕はこんなことをやってきましたよ」を言葉で伝える。知識は誰にでも伝えられるが、経験は僕だけのものだ。それが僕の誇りでもある。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

「対価をいただけないのは失礼だ」と主張しているうちの、プロフェッショナルの未熟

商売には目に見える商品と目には見えないサービスがある。 たとえば僕は「書く」ということを生業の一つとしていて、書く行為については対価をいただかなければならない。「友だちだから」「他の人からは書くという …

no image

「マーケティングという仕事に取り組む人間はですね!」「カタカナだなぁ」「え?」「カタカナ」

「僕たちマーケティングを生業とする人間は、不用意に専門用語やカタカナを使ってはいけないと思うんですよね。それで言葉の使い方についてご指導いただきたいと思いまして」 最近起業されたばかりの若い方から相談 …

no image

失敗とは人間味のこと

継続して生まれたものは「こんな風にしたからうまくいった」という武勇伝ではなく「こんな失敗をいくつも重ねた」という情けのない話ばかりだ。ただ、失敗は相手の共感を呼ぶことができる。共感という土壌があって、 …

プリントアウトして作る折り紙の「鯉のぼり」と「兜」をこどもの日にぜひ

前川企画印刷のブログではプリントアウトして何かを作ろうシリーズが大人気。もうすぐこどもの日なので、「鯉のぼり」と「兜」を無料公開中。連休中に余裕のある方はぜひお試しいただきたい。 もうすぐ『こどもの日 …

no image

手書きとPDAのジレンマ。

大きな仕事が重なり始めた。 「うっかり」を無くすために、会社の机を整頓。年末からたまっていた伝票類も入力、月末の支払いの算段など。そしてため息(汗)。 お客様から聞いた話、自分のtodoを、出来るだけ …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly