川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

伝わる喜びを想像して、伝えるチカラを創造する。【伝】を具体化する本気の一年にする。

投稿日:

「頑張る」という言葉が好きでないのは、何をいつまでにやるのかが不明確だからだ。「刺激」「学び」「気付き」という言葉とも似ている。刺激を受けたから、どうなのか。学んだから、何をやるのか。気付いたから、何をどう変えるのか。

「本気でやる」という言葉を使ったということは、今までが本気でなかったということだ。ならば、今までの何かを捨てなければ、これまで以上の成果を出せるわけがない。今までと同じように遊んでいて、今までと同じように休んでいて、「本気でやる」と言われたところで、周囲の人も困惑するだろう。本気は周囲に伝染しなければいけない。周囲の人を巻き込んでいかなければならない。僕はそんな風に思っている。本気でやるといった以上、僕は何を捨てたのか。何から卒業するのか。あれもこれも、では通らない。「これ」と決めることが本気だ。

とりあえず今年も生き残ることができた。来年のいま、どうなっているかは分からない。甘い会社ですね、と皆から言われて笑われる現状から卒業できなければ、「一年前はあんなことを書いていたのにね」ということにもなってしまう。

今年はうちのメンバーにも「伝」の使命感を本気で体感させたいと思っている。そして、その使命に取り組んだ先にある感動を皆で共有できるチームにしていきたい。もちろん、そうやって得られる糧を還元していく仕組みも積極的に採用して、悪循環から好循環へ転機の一年にしていく。

伝わる喜びを想像して、伝えるチカラを創造する。これが僕たちの経営理念。【伝】という言葉に集約されるすべてのインプットとアウトプットに全力で取り組む。本気で動く。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

no image

ヴィッセル神戸ファン必携の名刺を持つ長田の医者とは!?

田中先生にブロガー名刺を納品してきました。 高級感あると、お褒めいただいております。ありがとうございます。 ・【ヴィツセル神戸のブロガー名刺】(がんばれ!ヴィッセル神戸) 先生も、いま、サッカーの練習 …

no image

役割が人を育てるのならば、世代交代の進む制度を採り入れるべきではないか

「こちらも次代に託していきたい頃だ」と新聞記事にあるのを読んで「まだやるつもりなのか」と思ってしまった。悪い人だとは思わないし、リーダーとしても学ぶべきところがたくさんあるのだけれど、「役割が人を育て …

no image

完璧を求めないで、60点で走り出すこと ~それはスプーンとチャーハンの関係にも似ていて

考えすぎて動けなくなるというのはありがちで、60点で走り出して、あとは軌道修正をしていこうという話を社内ではよくする。 0から60になるまでの時間と、60から100になるまでの時間は、数字の距離だけで …

3つのブログを更新し続けることによって中小企業の社長が得た3つのメリット

何かを発信しようとしても、ほとんどの人は細部までは読んではいない。 それでも、何かを発信し続けようとする継続の姿勢は「頑張ってるよね」という評価を得ることができる。ニュースレターやメルマガ、そしてブロ …

no image

納品の瞬間まで…、プロ意識の積み重ね。

外注をお願いしている取引先に、かなり無理を言って仕事を急いで貰いました。 納期まで、一分一秒を争う仕事。お願いします、と頭を下げながらも、 (でも、どう考えてもこれだけの期間では無理だろう…) と、半 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly