川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

伝わる喜びを想像して、伝えるチカラを創造する。【伝】を具体化する本気の一年にする。

投稿日:

「頑張る」という言葉が好きでないのは、何をいつまでにやるのかが不明確だからだ。「刺激」「学び」「気付き」という言葉とも似ている。刺激を受けたから、どうなのか。学んだから、何をやるのか。気付いたから、何をどう変えるのか。

「本気でやる」という言葉を使ったということは、今までが本気でなかったということだ。ならば、今までの何かを捨てなければ、これまで以上の成果を出せるわけがない。今までと同じように遊んでいて、今までと同じように休んでいて、「本気でやる」と言われたところで、周囲の人も困惑するだろう。本気は周囲に伝染しなければいけない。周囲の人を巻き込んでいかなければならない。僕はそんな風に思っている。本気でやるといった以上、僕は何を捨てたのか。何から卒業するのか。あれもこれも、では通らない。「これ」と決めることが本気だ。

とりあえず今年も生き残ることができた。来年のいま、どうなっているかは分からない。甘い会社ですね、と皆から言われて笑われる現状から卒業できなければ、「一年前はあんなことを書いていたのにね」ということにもなってしまう。

今年はうちのメンバーにも「伝」の使命感を本気で体感させたいと思っている。そして、その使命に取り組んだ先にある感動を皆で共有できるチームにしていきたい。もちろん、そうやって得られる糧を還元していく仕組みも積極的に採用して、悪循環から好循環へ転機の一年にしていく。

伝わる喜びを想像して、伝えるチカラを創造する。これが僕たちの経営理念。【伝】という言葉に集約されるすべてのインプットとアウトプットに全力で取り組む。本気で動く。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

ネコに優しい洗面台があってもいいよね ~ターゲットを決めた商品設計

ママチャリはお尻が痛くなりにくい構造であることを、ママチャリ以外の自転車を経験して初めて知った。軽自動車の多くは、乗り降りしやすい腰の高さに設計されていて、ママチャリ同様疲れにくい仕組みになっている。 …

no image

「リスクとリターンの考え方 ~副作用を肯定する」「羨んだり妬んだりの場所にいる僕のまだまだ」

つれづれにメモしていたこと ▼ 投資を十何年とやり続けてきて自分の経験値になったのがリスクとリターンの考え方だ。リターンにはリスクが伴う。したがって僕は「副作用のない何か」というものよりは「副作用はあ …

no image

商いの本質を意識して。

お盆明け、いいスタートです、充実してます、忙しくしています。 社内では、9月からメンバーが増えることもあって、情報の共有方法を模索しています。いわゆる「たらい回し」で、お客様にご迷惑をおかけすることの …

no image

こっち側の当たり前があっち側の当たり前であるとは限らない ~クオリティと姿勢に問題のある同業の人たちと関わって

同じ印刷業界だから事情がわかって寛大になれることもあるし、その逆もある。 自分がライティングや取材で関わっている冊子の編集委員会には、ある印刷会社の人も来ているのだけれど、せっかく会議に参加していても …

no image

カタカナの肩書きに対する僕の矜持、この人を選んで良かったと思う僕の誇り

投げるだけ投げて、決定を相手に促す。決めることは経営者(事業主・起業家)の仕事で、自分が関わりすぎてはいけない範囲であると認める。 どんなときに、どんな心境で「あの」文章を書いているのかと尋ねられる。 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly