川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

新しい企画を考える広報広告会議 ~業界初の「封筒下取り」サービスをどう浸透させるか

投稿日:

取り組んで、結果の出ていることを話して、よく分からないと言われて凹んで、「お前なんかに分かってたまるか」と、しばらくして復活する。そういう自分が一番自分らしいのではないかと思う。見返してやりたいとか、反面教師にしてやるんだという気持ちは行動につながる。愚痴にして終わりにしない。

広告や広報の本質的な意味を考える。そして、社内の限られたリソースを有効に活用する企画をひとつふたつ。「面白い」とか「シュール」とか、関西なのだから、それで良いのではないかと。自分たちがくだらないと思うのだから、それを受け止めてくれる方もまた、よくもまぁくだらないことを…と感じてくださるに違いない。

思いついたことを、誰がどんな風に感じてくれるかを想像する。そして技術的な検証。継続してクチコミされていくための仕掛け作り。収益化のシミュレーション。社内ではこんな風にして企画を作り上げていく。

封筒下取サービスはじめました | 神戸の印刷、出版と販促。前川企画印刷公式ブログ「嵐のマエブロ」

具体的には、こちらの「封筒下取り」サービスを露出していくための企画会議。今後の展開に乞うご期待。

経営がどうとか、そういうのではなく、商売人としてどうか。お客さんにはどうか。そこを徹底する。「経営者なんだから云々」という世界からは、すこし距離を置いていきたいと思う。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

経営者になって10年となる記念すべき一日に向けて 〜労働保険料の計算と納付

決算に向けて対外的なラストスパートと事務的な作業に追われるのがこの時期。サボりまくっていた経理はリアルタイムに追いついた。そして今度は7月10日が期限の労働保険料の計算と納付。 複写になっているこの書 …

印刷会社のしてはいけないミスのこと。

あるお客様の仕事で、うちのミスがあり、ご迷惑をおかけしてしました。申し訳ございません。 たとえばJR西日本さん。 本来、鉄道の「鉄」という字の右側は「失」と書くのですが、「金を失う」では縁起が悪いとい …

期待の下を潜ってしまう残念と、虫たちの見上げて歌う秋空と

社内のこと。 期待値を下げて跳び越えてきやすいようにしていたのに、その下を潜ってきたことは残念だった。すべての指示を出してしまえば指示待ち人間になってしまうし、黙っていれば伝わらない。想像をすることが …

no image

謙虚であること、一方、卑屈にはならないこと。媚びないこと、一方、驕らないこと

月末、年度末。決算は6月末なので、ここは単なる区切り。それでも、いろんなことを考えさせられる区切りになった。 信頼を積み重ねて生きている。一枚一枚の信頼は薄くて脆くて、すっと風が吹くだけでも壊れてしま …

no image

変化や挑戦のための土壌作りと根回し、優先すべきことは何か。

同友会では本会と青年部に所属していて、今年はその両方で役を受けている。 しばらく本会の方での役はお休みしていたのだけれど今年から復帰。ただ、やっぱり、色々思うところがあって来年から本会の役は受けないこ …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly