川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

新しい企画を考える広報広告会議 ~業界初の「封筒下取り」サービスをどう浸透させるか

投稿日:

取り組んで、結果の出ていることを話して、よく分からないと言われて凹んで、「お前なんかに分かってたまるか」と、しばらくして復活する。そういう自分が一番自分らしいのではないかと思う。見返してやりたいとか、反面教師にしてやるんだという気持ちは行動につながる。愚痴にして終わりにしない。

広告や広報の本質的な意味を考える。そして、社内の限られたリソースを有効に活用する企画をひとつふたつ。「面白い」とか「シュール」とか、関西なのだから、それで良いのではないかと。自分たちがくだらないと思うのだから、それを受け止めてくれる方もまた、よくもまぁくだらないことを…と感じてくださるに違いない。

思いついたことを、誰がどんな風に感じてくれるかを想像する。そして技術的な検証。継続してクチコミされていくための仕掛け作り。収益化のシミュレーション。社内ではこんな風にして企画を作り上げていく。

封筒下取サービスはじめました | 神戸の印刷、出版と販促。前川企画印刷公式ブログ「嵐のマエブロ」

具体的には、こちらの「封筒下取り」サービスを露出していくための企画会議。今後の展開に乞うご期待。

経営がどうとか、そういうのではなく、商売人としてどうか。お客さんにはどうか。そこを徹底する。「経営者なんだから云々」という世界からは、すこし距離を置いていきたいと思う。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

新開地駅の立ち食いそば屋さん「高速そば」に学ぶ、教科書にないデザインと商売のこと

うちの会社の最寄り駅は阪神と阪急と神鉄、そして山陽電車が相乗りをしている新開地駅。この駅構内にある「高速そば」という立ち食いそばのお店で、スタミナうどんにコロッケを載せて食べるのは僕のお気に入りだ。 …

no image

wantに応えられるブログ記事を用意しておくのはおもてなしの気持ち ~秋になるとアクセスの増える記事たち

毎日欠かさずブログを更新していると、検索から、色々なキーワードで人が訪れてくれるようになる。ひとが検索に向かうときは何かしらのwantがあるとき(want,want to do,want to kno …

黄金の海原、稲美町の麦畑

稲美町の麦畑。 加古川と稲美町には大麦の畑が広がっていて、6月の半ばまでに収穫されて麦茶の原料として出荷されていくらしい。麦の色のイメージで実りは秋だとばかり思っていた。知ったのは二年前のこと。僕は冬 …

no image

神戸の前川企画印刷、新サービスのキーワードは「禁煙」。

ところでこの秋、神戸の前川企画印刷。 立て続けに、新しいサービスを始めます。デザイナー泣かせの、オリジナルデザイン名刺が100枚で1000円のブロガー名刺は勿論これからもデザイナーを泣かせ続けるための …

no image

生きていくっていうのは人を巻き込みながらやっていくということだ

昨日までと同じで良いわけがなく、守るものは守って、捨てるものは捨てて、適応をしていかなければならない。冬が来ると分かっていれば着込む服のことを考えるし、暖房もちゃんと準備をしようとする。生きていくって …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly