川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

新しい企画を考える広報広告会議 ~業界初の「封筒下取り」サービスをどう浸透させるか

投稿日:

取り組んで、結果の出ていることを話して、よく分からないと言われて凹んで、「お前なんかに分かってたまるか」と、しばらくして復活する。そういう自分が一番自分らしいのではないかと思う。見返してやりたいとか、反面教師にしてやるんだという気持ちは行動につながる。愚痴にして終わりにしない。

広告や広報の本質的な意味を考える。そして、社内の限られたリソースを有効に活用する企画をひとつふたつ。「面白い」とか「シュール」とか、関西なのだから、それで良いのではないかと。自分たちがくだらないと思うのだから、それを受け止めてくれる方もまた、よくもまぁくだらないことを…と感じてくださるに違いない。

思いついたことを、誰がどんな風に感じてくれるかを想像する。そして技術的な検証。継続してクチコミされていくための仕掛け作り。収益化のシミュレーション。社内ではこんな風にして企画を作り上げていく。

封筒下取サービスはじめました | 神戸の印刷、出版と販促。前川企画印刷公式ブログ「嵐のマエブロ」

具体的には、こちらの「封筒下取り」サービスを露出していくための企画会議。今後の展開に乞うご期待。

経営がどうとか、そういうのではなく、商売人としてどうか。お客さんにはどうか。そこを徹底する。「経営者なんだから云々」という世界からは、すこし距離を置いていきたいと思う。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

no image

キムチの苦手な昼下がり。

新入社員Nくんの研修2日目。 彼の正式な入社は9月からになりました。それまでは、時々、研修を兼ねて手伝いにくるという形。 彼には、色々な成功と失敗の経験を重ねさせて、どんな状況にも冷静に的確に対応出来 …

no image

そとの人間が作用することで、そとに向けて発信するものを面白く作るだけではなく、なかの雰囲気を変えることにも貢献したい

明石公園を一周して、どの桜が開いているかを観察する朝の習慣。今年は2本、もう、待ちきれず、空に薄紅を浮かべている。同じ場所にいて、慌てて咲いてしまう子たちは、他の子たちと何が違うのだろうと想像するのが …

no image

すごい人の共通点 ~踏みとどまって「ありがとう」や「まだまだ」を伝えられるか

「すごい」という言葉には「恐ろしいほどすぐれている」や「程度がはなはだしい」「常識では考えられないほどの能力をもっている」というような意味がある。 「すごい」単体では何が優れているのかわからないけれど …

no image

日付の伴わない「頑張る」という言葉について

大好きな人に一緒に仕事をしたいと誘われた。真摯に一生懸命に口説こうとしてくださるのが、本当に嬉しかった。今年は去年以上に時間の管理が問われる一年。やりたいこと、優先順位は決めているのでお断りしなければ …

no image

名刺は足し算の結果ではなく、引き算の結果であるべき ~西脇市のみやこ社会保険労務士事務所さんへ訪問

西脇市にあるみやこ社会保険労務士事務所さんへ。名刺やパンフレット制作、今後のブランディングについてのご相談を承る。 あれもこれも伝えたいのは誰も同じ。そのすべてを並列に置くのではなく、最初に何をフック …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly