川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

秋になると検索される言葉 ~お日柄は天気のことではなくて、天高く馬肥える秋はのんびりした意味ではない

投稿日:

コトバノで、とある実験を開始。「こうなれば面白いことになるんじゃないかな」と仮説を立てて、実際にそれに取り組んでみる。結果が出れば「成功体験」として、それをまたお客さんに仕組みを売っていけるようになる。知識を売るのではなく、知識の上にある体験を売っていけるようでありたい。

秋になるとアクセスが増える記事を紹介。

「お日柄も良く」は雨でも使っていい言葉 ~お日柄の意味と六曜の意味・読み方 | コトバノ

結婚式シーズンが近づくためか、「お日柄 意味」で検索されることが増える。お日柄とは天気のことではないことを説明した。

「天高く馬肥ゆる秋」の本当の意味は、のんびりしたものではなかった! | コトバノ

天高く馬肥ゆる秋 意味で検索されることが増える。言葉の響きからのんびりとした印象を受けるが、実際の意味は戒めを持つためのものであることが面白い。

「秋味(あきあじ)といえば秋刀魚だよね」という表現が誤りである理由 ~秋味とは | コトバノ

とあるお店で「ハマチとサーモンの秋味セット」というものを見かけたが、厳密に言えばそれは誤り。言葉狩りをするために書いているわけではないので、あくまで雑学として読んでもらえると嬉しい。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

no image

経営者である前に商売人であれ 〜父の痕跡、父の記憶

仕事をする自分のルーツは何なのだろうと振り返れば、やっぱり父親の存在になる。経営者ではなく商売人。経営者である前に商売人でいる。僕の信念と行動哲学には、今もいつまでも父が生きている。 もう、店の跡形も …

no image

喜んでほしい、笑ってほしい、楽しんでほしいという一心は、遠回りをすることはあっても、必ず届くんだね

無から有を創り出すクリエイターの方々の話を聞くと「よーし自分も」と行動のエネルギーをもらうことができる。数字だとか人間関係だとか、生々しいリアリテイに追われる日常ではあっても、生き方の姿勢には商売を営 …

no image

僕は僕をバカと言ってもらえるような生き方をしたい ~デーブスペクターさんや高田純次さんに憧れて

デーブ・スペクターさんや高田純次さんのようになりたいと思う。 BEGINが年取ったらBIGEN — デーブ・スペクター (@dave_spector) 2015, 7月 27 テキトーなこ …

no image

育むべきキャリアの中で大切なこと。

「客」だとか「クライアント」だとか。 そういう言葉をやめて、「お客さん」と呼んでみればいい。 ちょっと、見えてくると思いますよ。 自信は大切、でも、過剰は禁物。

no image

今日も頭を下げて泣いた。いつか未来のための、貴重な体験のひとつになった

相談に来られる方は、販促という言葉の意味を狭義ではなく広義で考えていることがほとんどだ。だから僕はアイデアを出すし、アイデアを実践していくための資金の調達方法や社内での士気高揚の方法も一緒に考える。な …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly