川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

商売人はエンターテイナーであるべきか ~経営者の当たり前はお客さんの当たり前ではない

投稿日:2014年9月19日 更新日:

「さすがは経営者同士だと話が早い!よくわかってくれる!」

そう感じることも多いのだけれど、それは味方をしてくれる場所を知っていて、自分を正当化するために持ちかけているのかもしれない。経営者にとっての当たり前は、社員やお客さんの当たり前であるとは限らない。

芯を決めて誠実に取り組み続けた結果のお客様の反応がブランディング

引用元:ブランディングに関する講演を聞くよりも、商店街を歩く人たちの話に耳を傾けてみること | 川柳をこよなく愛する明石のタコ

ブランディングとは自らが行うものではなく、継続して取り組んだ商売の姿勢に対するお客様からの評価のこと。twitterやFacebookは居心地が良くて、僕たちはつい、感情のままに自分を晒してしまうことがある。「いいね」に自分の考え方は間違っていなかったのだと錯覚して、ますます閉じた世界へと向かってしまうようでは良くない。ネットの世界でいえば「いいね」をくれた人よりも「いいね」をくれなかった人への想像、リアルの世界でいえば黙って背を向けていった人たちの想像をすること。慢心を防ぐ唯一の方法は、いつもその、想像する姿勢を持ち続けることなのかなと思っている。

重い病を米で治したお米屋さんもいるし、造り手の想いを伝えることでファンを増やし続けるお酒屋さんもいる。

引用元:職業の与えるイメージ、職業に抱く僕たちの想像 | 川柳をこよなく愛する明石のタコ

体験は共感を呼ぶ。いいと思うものは自分がそれを継続していけば良い。悪いと思ったものを口にする必要はない。想いを伝えていくために大切なことは、商売人は自らがエンターテイナーであるという自覚を持つべきなのかもしれない。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

no image

ビジネスと商売の違い ~父が死んでいなくなったということを実感するとき

大きな企業で働いていて、脱サラして起業する。親御さんが商売をされていて、その背を見て自分も商売人になった。 同じ商売人でも、そこに至るまでの人生は様々だ。ただなんとなく、前者は「ビジネス」という言葉を …

no image

0から1を生み出すことへの評価、1を徹底的に真似ることへの評価

一人が踊り始める。すると少しずつ周囲の人たちも誘われるように踊り始めて、数分後にはそこがダンスパーティーの会場へと化していく動画。集団に楽しさが連鎖していく様子は眺めているだけでも楽しい。 よっこらし …

no image

負のスパイラルからの脱出

「日本が勝った」とか「日本人がノーベル賞を受賞した」とか、世界に日本の何かが認められると心が揺さぶられて涙が溢れてくる。何かを無性に頑張りたくなってくるのだけれど、「何か」と書いている時点で、熱は一瞬 …

経営者になって10年となる記念すべき一日に向けて 〜労働保険料の計算と納付

決算に向けて対外的なラストスパートと事務的な作業に追われるのがこの時期。サボりまくっていた経理はリアルタイムに追いついた。そして今度は7月10日が期限の労働保険料の計算と納付。 複写になっているこの書 …

no image

1000円で作れる本格ブロガー名刺! お申込に感謝!

ブロガー名刺、送料込みで1000円じゃすと! この企画につき、多方面からお問い合せ・お申込をいただいています。ありがとうございます。 また、ご厚意で、blog上でご紹介いただいている記事も拝見しており …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)