川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

時間の上書きしていく22年

投稿日:2017年1月16日 更新日:

阪神淡路大震災から22年。

僕たちから見た関東大震災が遠い昔のことであったように、大震災といえば、いまの若い人たちには東日本のことがイメージされるようになってきたようだ。こんなことを書いている自分も、震災そのものよりも、震災を節目として、以前以後の時間の感慨にひたっているだけなのかもしれない。

[川柳]1月の神戸は花がよく売れる | 短歌と川柳とマカロニと

不自然なくらいに「新しい」色をしていた建物たちも、昔からあったような顔をしてその場所に落ち着いている。風化させるつもりはなくても、時間は色々なことを上書きしていくのだと思い知らされる。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

ひとを壊し始めた言葉の贈り物。

「うちの会社、こういう状況なんですよね。まいっちゃうなぁ」 そんなこぼし方をされた時は、「聞いてほしい」のシグナル。同意してあげると喜ばれる。アドバイスをしてはいけない。 「Aさんだったら、こういう時 …

わお。

広い。

大好きだった明石の景色。

@明石公園、明石駅前 虫を捕ったり楽器を吹いたり探検したり犬と散歩したり。幼少からの全ての青春が詰まった場所。 なのに最近、少しこのお気に入りが胸に痛い。 明石は大好きな場所でした。過去形になりつつあ …

no image

君と好きな人が100年続きますように。

一青窈さん@神戸国際会館のコンサートに行ってきました。 言葉とメロディの海に身体を沈めることが出来た2時間。充電完了、たくさんのエネルギーを貰いました。 創作モードのスイッチも入り、いくつかの川柳を生 …

no image

トイレが長すぎる、というわけではありません。

強風、というよりむしろ暴風。 ビアガーデンは早々に引き上げてきました。あれじゃ風邪ひいちゃいますね。 会社宛に届くメールは携帯に転送されるようにしてありますが、サーバ上で迷惑メールははじく設定にしてあ …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly