川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

時間の上書きしていく22年

投稿日:2017年1月16日 更新日:

阪神淡路大震災から22年。

僕たちから見た関東大震災が遠い昔のことであったように、大震災といえば、いまの若い人たちには東日本のことがイメージされるようになってきたようだ。こんなことを書いている自分も、震災そのものよりも、震災を節目として、以前以後の時間の感慨にひたっているだけなのかもしれない。

[川柳]1月の神戸は花がよく売れる | 短歌と川柳とマカロニと

不自然なくらいに「新しい」色をしていた建物たちも、昔からあったような顔をしてその場所に落ち着いている。風化させるつもりはなくても、時間は色々なことを上書きしていくのだと思い知らされる。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

洒落た食器を売るお店に来て君は、どんな料理が並ぶのを想像して笑ったんだろう

朝までは元気だった人が、自ら命を閉じて、夕方。 警察の検視が終わって落ち着きを取り戻した場所に向かうと、何事もなかったかのように人々は行き交い、家路を急いでいる。残留思念のようなものを感じ取った気がし …

オグシオを目指しましたが。

秋のグラウンド。オグシオを目指しましたが、20分で、もう、ベンチの日向ぼっこ。 まだまだ走り込みが足りません。

神戸の青い空。

足元から焦げる真夏の温度。

no image

轢かれそうになっても。

ポニョー。 轢かれそうになっても、車がフィットだったから許せてしまうんだ。むしろ僕の血で汚してしまってはいけない、くらいの気持ちだよ。 さぁ走ろう。 ドラフトで指名されて、ミスタータイガースを目指すそ …

no image

責任を果たすための撤退

たとえば、これまでなら3時間で出来たことが、今は倍近くの時間を要するようになってしまった。疲れているのかもしれないし、必要だった感性や能力が涸れてきたのかもしれない。夕方になると視界がボヤけてピントも …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly