川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

時間の上書きしていく22年

投稿日:2017年1月16日 更新日:

阪神淡路大震災から22年。

僕たちから見た関東大震災が遠い昔のことであったように、大震災といえば、いまの若い人たちには東日本のことがイメージされるようになってきたようだ。こんなことを書いている自分も、震災そのものよりも、震災を節目として、以前以後の時間の感慨にひたっているだけなのかもしれない。

[川柳]1月の神戸は花がよく売れる | 短歌と川柳とマカロニと

不自然なくらいに「新しい」色をしていた建物たちも、昔からあったような顔をしてその場所に落ち着いている。風化させるつもりはなくても、時間は色々なことを上書きしていくのだと思い知らされる。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

菊水天神祭(湊川神社)。

うちの会社でも提灯を出させてもらいました。

二日酔いの帰り道。

@明石駅前。 帰ってぐっすり寝ます。

とあるパーティー。

予想以上に規模が大きくて驚いた。

【フォト川柳】色の降る日は すぐそばのかくれんぼ

ジョギングの空に見つけた。 色づく日を待っている景色。秋の絵の具は、きっと近くでかくれんぼ。

no image

クリームソーダと車いす。

起きたら12時で驚いた。 父親に貸してやりたくて、本を急いで読む。病院に着くと、父は、ベッドに腰掛ける形で夢の中にいた。 痛そうでも、苦しそうでもなく、子供のように春に照らされていた。 地下の茶店で、 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly