雑記

25kmのジョギングを終えて、身体と心に起こる変化。

自宅(大蔵谷)から山陽電鉄高砂駅まで、25kmのジョギングに挑戦してきました。

走り終えて半日経つ今でも、激しい筋肉痛。
座った状態から起きあがるのに苦労していますが、気分は爽快。

今までのジョギングの最高が16kmでしたので、一気に記録を更新することが出来ました。

姫路まで、自分の足で行くことを今年の目標にしています。

それを達成するためには、今日の倍近い距離を走行しても、痛みの生じないトレーニングを
していく必要がありますね。色々シミュレーションして、内なる声と対話を重ねてみるのも
面白そうです。

「今から高砂までいってきます」

twitterに呟いた一言が自分を縛り、iPhoneのGPS機能で走行記録をとり続けることが、
平均的なスピードを維持することを意識させました。

有言実行、そして、自らを観察することの重要性ですね。

これは、仕事にも生かしていけるのだろうと思います。

打ち立てた目標に近付けば、もっと自分にも自信を持つことが出来るはず。

口だけの人間、薄っぺらいリーダーとはならないよう、志を常に明確に抱いて、
「やる」人間であることを示していきたいものです。