川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記 音楽

drifting on Kiss-FM KOBE

投稿日:2017年1月26日 更新日:

大人になった今も、僕の夜型の生活は変わることなく、明けるまでの時間を ――いまは現実に追われていることがほとんどだけれど ぼーっと過ごすことが多い。

そしてなんとなく、このSuzanne CianiのDriftingという曲をiPhoneから再生しては、懐かしい声や感触を思い出してみたりする。「ぎゅっと存在していた」を象徴する曲だからなのか、すこし、切なさを感じたあとに、じわっと温かくなる。そして朝がくる。このリズムで日々が繰り返されていくことが僕にはとても心地良い。

引用元:夜明けの神戸、Kiss FM KOBE、90年代、Drifting、Suzanne Ciani、ジングル ~夜の白くなるまで | 川柳をこよなく愛する明石のタコ

かつてこんな記事を書いた。Driftingという曲の締め付けられるような懐かしさは、ずっと神戸で過ごしてきた人たち皆に共感してもらえるのではないかと思っている。

この曲を追いかけたくて、だけど曲名の思い出せない、そんな人たちのために、それっぽいキーワードを並べて記事にしておいたところ、いまでも検索で訪れてきてくれる人たちがいる。ときどき、おかげで昔々に再会できたと感謝のメールをいただくことさえあって、こちらが恐縮してしまうくらいだ。

ブログとは、場をつくるということ。場に、何かを求めて誰かがやってきてくれる。継続すればするほど、未来に楽しみが増えていく。

そんなことを、Driftingを聴きながら書く。

Google

Google

-雑記, 音楽

執筆者:

関連記事

読破、そして次なる読書。

半落ち(横山秀夫)。 狂ったように本を読んでいます。入り込めると、その時間は辛いことを考えないので済むのがいい。 何か生きるヒントを得られるでしょうか。 そうでありたいな。 さて、まだ帰りたくない今夜 …

no image

今年もまた、逢えなかったね

月末終えた、くたびれた。 今月は本当にハードだった。ハードだったけれど、毎日、朝か夜にはジョギングを継続することもできた。書く仕事も増やすことができた。後半はさすがに厳しくて、いくつかの仕事を周囲の人 …

お気に入りの場所でごろん。

池の撫でる風が1番気持ちいい場所を知っている。 よーく休んで、もう少しがんばろ。さあ、息を整えて。

10人分の蕎麦じゃ足らない。

三田は永沢寺、そば道場でそば打ち体験をしてきました。 ちょうど新そばが出回り始めたころで、タイミングとしては一番良かったそうです。粉にまみれながら、一生懸命こねたり切ったりしてきました。 うまかったー …

世界で一番犬が好き。

中学一年生の頃に、近所にやってきた野良犬でした。 夜だけは家で泊めてあげることにして、昼間は外で、他の犬たちと遊ぶ。野良犬とは思えない毛並みの美しさ、穏やかな表情で、あーちゃんはいつだって近所の人の人 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly