川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

たった一つの取柄のために、たった三日で落とした僕の視力

投稿日:2017年2月16日 更新日:

保証期間ぎりぎりに、自宅のメンテナンスに来ていただく。

職人さんは格好良くて、動きをぼーっと眺めてしまった。自分は手に職がないので、カタチあるものを生み出せる人たちのことを心から尊敬する。

中学生のころ、技術の授業で「本棚をつくる」というものがあったのだけれど、僕は友人にお金を払ってそれを作ってもらった記憶がある。体育の授業のように、僕は技術や家庭科の授業を「見学」することが許されるくらい不器用だった。せめてパソコンくらいは得意になろうと思って、真夜中に部屋を真っ暗にしてタイピングの練習に勤しんだ。入力は速くなったけれど、視力は三日で落ちた。以来、二度とは浮上しない僕の視力なのである。

メンテナンスに来ていただくにあたって、昨秋から始めた蔵書の整理。倉庫として使っていた部屋の床が見えるようになって感激する。これからは、買ってきた本の数だけ売りにいくというルールを徹底しようと思う。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

声に出して伝えるたび、次の波に乗っていくことができた

君は、ここで何を見るのか | 同友ひょうごナビ 28日は同友会、青年部での発表。 今年は色々人前で話す機会があった。たくさんの方にチャンスをいただいた。自分を見つめ直すきっかけにもなったし、声に出して …

no image

「ペルソナ」という言葉を当たり前に使われて

「ペルソナ」って言葉を共通言語として理解できる同士なら、その相手の知識を必要としないステージに来ている気がするんだけどなぁ。 — 西端康孝 / 川柳家・歌人 (@bata) 2016年12 …

no image

名刺交換のコツは、足し算ではなく引き算の文面にあった

一か月以上続いた咳が落ち着いたと思ったら、胃の痛みに悪寒がして発熱。病院で点滴を受けて、薬袋を肌身離さず持ち歩いた。頭のぼーっとしている時間も長くなって、月末の支払いでは必要のないところにまで振込処理 …

no image

年の終わりに触れる純朴な想い、君と。

朝はぐっすり、昼寝は2度ほど。 だらだらと過ごすことの出来た日曜日。のこり一週間を走り抜くだけの充電完了、アルコールも抜けた。 ポニョを連れてジョギングに行こうとしたものの、外は雨。 久々に、家で1時 …

大阪工業大学にて。

人生をやり直そうとおもって、再受験してきます。 嘘です。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly