川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

吹奏楽部vs卓球部。正論っぽい雰囲気で場をまとめていく難しさ。

投稿日:2017年2月15日 更新日:

頼まれてもいないのに自ら意見を伝えたのならばともかく、「意見を聞かせてください」と言われたのだから、思うところを伝えた。すると彼は、上手にラリーを続ける卓球選手のように、僕の意見のすべてに反論を述べてきた。(だったら最初から聞いてこなければいいのに、意見を聞いたというプロセスのアリバイ作りに使われちゃったなぁ)と、悲しい気持ちになる。一方、空気を読んで、そんなアリバイ作りに協力することもまた、全体としての調和をとるためには大切なことで、今はその役割を担うタイミングなのかなぁと考えたりもする。

会議や議論の場で、そういう役割を自然にこなせる人は頭が良いなぁと思う。僕はそれを「透明な階段」と呼んでいて、目標や落としどころ(結論)に向かっていくためには、カタチには残らないけれど、必要なステップだと考えている。問題はそれを誰が担うかで、僕以外の誰かがそれをこなしていると「すごーい」と思うし、僕自身がそれを(気が付けばいつのまにか)担わされていると「こんちくしょー」と思う。

正論を正論としてぶつけるのではなく、正論っぽい雰囲気で場をまとめていく。これは本当に難しいことで、すぐに感情的になってしまう自分はまだまだだ。そうして僕は、吹奏楽部だったにもかかわらず、今日も卓球の試合に駆り出されるわけである。ピンポン。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

インフルエンザウイルスと行く信州松本の旅。

また、メガネが壊れました、壊しました。 微熱はありましたが、マスクをして、ショップにお出掛け。ついでに、先月壊してしまったメガネと、さらにもう一本の予備のメガネの調整もお願いしてきました。 壊しすぎだ …

no image

凹。

兵庫同友会設立40周年記念事業実行委員会に参加。 重鎮ばかりの中で発言するのは気持ちがいい。何か変化を起こしたいと思うとき、やっぱり、トップダウンで行った方が話は早いんだよなぁ。 ただ、この場はあくま …

no image

経営の勉強という言葉の裏側にあるもの – 分析麻痺症候群。

「週末、一泊二日の経営の勉強会に行ってきた」と話すAさんに尋ねてみた。 「ではその週末、Aさんの社員さんはどんな風に過ごしていたのですか?」 勉強会もいいし、コンサルの話に耳を傾けるのもいいだろう。 …

no image

ピアノと言葉と脳みそと。

集中力なんて、そんなに長続きするわけもなく。 週末に自宅で仕事をしている時などは、時折気分転換に2階の部屋に置いてあるキーボードとにらめっこ。 適当に指を遊ばせていると、浄化されていく自分を感じて、ひ …

今日の血圧。

泳いだ後なので脈拍が…。 心臓と肺が強くなってきたのか、いくらでも泳げるような感じでした。吹奏楽部員として青春の炎を燃やした身としては、肺活量だけは誰にも負けまけたくないのであります。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)