川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

「1000いいね」「一日に5記事」「フォロワーを500人」をやりなさい協会

投稿日:2017年2月14日 更新日:

「サラリーマン時代にこんな実績を出した、経験をした」といっても、それは会社の看板があってのこと。その「過去」を振りかざして「アドバイスします」「コンサルティングします」と言ったところで、説得力には欠けるのではないかといつも思ってる。

他人の看板ではなく、自分自身の看板で苦労することを知っている人は、簡単には「アドバイザーです」「プランニングをします」という言葉は使わない。それを言葉にした途端、距離を置かれてしまう人たちの存在が浮かぶからだ。経験という価値は貴いが、信用はいとも簡単に失われるものでもある。

ところが、「自分に幸福をもたらさない人間関係に縛られて、新しい人生に挑戦できない。そんなこれまでから脱却しませんか」という使い古されたようなコピーに心を動かされて、つい、そのあたりの世界に足を踏み入れてしまう人がいる。

そういう世界は、大抵は、胴元だけが儲かるようになっていて、足を踏み入れた人は「単なる信者」として会費要員としての使命を背負わされる。これまでに費やした時間とお金がもったいなくて、疑問を抱きつつも、そこから抜け出すことができなくなる(=サンクコスト)。

スマホとSNSが普及して、ひとりひとりの「発信」と「つながり」がよく見えるようになってきた。だから、そういう甘い世界に引きずりこもうとする人と、引きずり込まれてしまう弱い人とのパワーバランスも分かりやすくなってきたのかなぁと思う。これまではアンダーグラウンドだったものが、いまは公然と行われるようになった、そんな不思議な感覚。

騙すのも生きることなんだろうし、疑問を感じながらも「1000いいね」や「一日に5記事」「フォロワーを500人」といったものを追いかけてみるのもまた、生きることなんだろう。生き方はそれぞれでいい。僕はその善悪については判断はしない。ただ、好むか好まないかという主観はある。

僕は自分の経験だけを信じる。自分のやってきたことだけを信念とする。だから、色々なことを継続しようと思うし、継続のなかから感じ取ったことだけをアウトプットして、自分という人間を評価してもらうときの基準とする。あるいは、それを伝えることを生業とする。語尾は「自分はこうでした」だ。「こうらしいですよ」という伝聞は用いない。

そういう世界ではない、世界で、しゃんと、自分自身を投影することで評価されていきたいと思う、そういう人のために。僕は自分のできることを伝えていきたいなぁと思う。抽象的な書き方で十分だ。あれはやって、これはやりません。そんな明確な線を引いて、与えるものと与えないものを区別して誰かの人生や仕事をサポートできるほど、僕は器用ではない。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

動物を愛せる僕にしてくれた両親の愛。

「うちじゃ飼えないでしょー、捨ててきなさい!」 捨て犬や、捨て猫。拾ってきては駄目だといわれる、そんな光景。 うちの親については、それだけは一度もなかった。 むしろ、自分たちで拾ってくる程の動物好き。 …

no image

川柳界の僕の兄貴分である加藤鰹さんが亡くなった。

川柳界の僕の兄貴分である加藤鰹さんが亡くなった。 12月にお会いしたときは、癌が全身に転移しているとは思えないくらいの食欲と笑顔で、僕たちを和ませてくれたのに、年が明けてから病状は一転。「今度は飲みに …

no image

思えば汚れた大人になってしまったものだ。

「大丈夫、そのうち理解出来るようになるから」「俺も最初はよくわからなかったよ」「心配しないでいい。今はまだ、わからなくて当然」 どうやら、年上の彼氏が彼女に勉強を教えているところらしい。午後の賑やかな …

no image

信頼関係は同じ橋を渡ってきたからこそ

今夜は、かつて勉強会のグループで一年を共に過ごした経営者仲間たちと鍋。誰の迷惑にもならない秘密の地下室で、たくさん馬鹿をしてきましょう。 — 西端康孝 / 川柳家・歌人・コトバノ (@ba …

no image

生前の祖母にもらった数珠を手に ~あっちの世界とこっち側の人間と

祖母の四十九日法要。 小さな骨壺に納まった僕のルーツを眺めながら、この御香や読経はどんな風に届くのだろうと想像をする。この「ギシキ」に意味があるのだとすれば、形式が途絶えてしまういつか未来に「あっちの …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)