川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

同友会 業務日記

管理職とリーダーシップの違い ~「俺のイエスマンになってくれ」と言った同友会のあの人は今

投稿日:2017年2月26日 更新日:

大阪や神戸、あちこちの集まりに参加しては組織を見てきた。独裁的な人もいれば、すべての意見を集めようとしては拾いきれずにチームをつぶしてしまう人もいた。リーダーと呼ばれる立場の人にも色々いて、素直に参考にしたいと思うこともあれば、これは反面教師だな、と思うこともたくさんあった。

雰囲気が良いと思うチームには、ちゃんとNoを言う人がいるのだなと気が付けるようになった。賢いリーダーになると、あえてNoと言いやすい仮説をぶつけてくる人もいる。教えるのではなくて、気付かせるように仕向ける。そうやって発言の機会を与えながら、立ち位置と責任、役割について自覚をさせていくのである。これを意識して出来るリーダーのところには、ついていこう、盛り立てていこうとする空気が生まれる。管理職とリーダーシップの違いは、こういうところなんだろうと思う。

僕が同友会に入ってまもないころ、事務所にやってきて、「俺をリーダーとして立ててほしい。俺の言うことになんでもYesと言ってほしい」と頼み込んできた人がいた。彼は「自分の意見にイエスで追従してくれる人を作ることが組織運営で大事だと学んだんだ」と語っていたが、それはけっして「イエスマンになってくれ」という意味ではなかったはずだ。彼の事務所を訪れると、いつも社員さんたちの雰囲気が悪かったことを思い出す。ほどなくして、彼は同友会から消えていった。今なお、僕にはこの事件が大きな反面教師となって生き続けている。

Google

Google

-同友会, 業務日記

執筆者:

関連記事

新しい企画を考える広報広告会議 ~業界初の「封筒下取り」サービスをどう浸透させるか

取り組んで、結果の出ていることを話して、よく分からないと言われて凹んで、「お前なんかに分かってたまるか」と、しばらくして復活する。そういう自分が一番自分らしいのではないかと思う。見返してやりたいとか、 …

no image

クライアントという言葉を「お客さん」と言い換える効果

零細企業や小さなお店の方を対象とした講演会。コンサルの方の話を聞いた人のひと言が全てだなぁと感じた。「カタカナばかりで、病名かと思いました」 ▼ 「クライアント」という言葉を使えば、途端に「してやって …

同友会の仲間と過ごす深夜の時間、コンビニ前の猫は希望を見上げて

同友会の青年部、仲間たちと深夜2時過ぎまで会議。 出し合うアイデアの向かう方向は「誰に、どうなってほしいか」。ターゲットを決めて、その人の持って帰るお土産をイメージする。思考のプロセスは商売と同じ。 …

no image

「雨が止むのを待ってからでは遅すぎる」「ほんの助詞の違いで」

「自分はこんなにすごいんですよ」がビジネスで、「自分はこんなにすごいんですよ」と言いたくなる場面で「○○さんのおかげで今の自分があります」と言えるのが商売なのだと思う。 ▼ 止まない雨はないけれど、雨 …

no image

カタカナの肩書きに対する僕の矜持、この人を選んで良かったと思う僕の誇り

投げるだけ投げて、決定を相手に促す。決めることは経営者(事業主・起業家)の仕事で、自分が関わりすぎてはいけない範囲であると認める。 どんなときに、どんな心境で「あの」文章を書いているのかと尋ねられる。 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly