川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

同友会

場の空気や雰囲気をつくること

投稿日:2017年4月26日 更新日:

同友会の前支部長慰労会で、バンド演奏をさせてもらった。

自分たちの演奏にあわせて同友会のメンバーたちが踊ったり歌ったりする。盛り上がってくると自然に手拍子が出るし、立ち上がって一緒に歌ってくれる人もいた。一体感。熱気。音楽は本当に素晴らしい。

経営者の集まる同友会という組織のなかで、支部長としてリーダーシップを果たすことは苦労の絶えないことだ。自分には絶対できない。荒川前支部長は、人に任せることを徹底していた。「やってみたらええよ」という言葉に、いろんなことを挑戦する人たちが続いた。僕はリーダーと管理職は違うものだと考えている。荒川さんは、リーダーとして、場の空気や雰囲気をつくることが上手く、見習うべき点がたくさんあったように思う。

演奏のチャンスを与えてくださった西村さんの配慮にも感謝したい。あらためて、僕は文章や音楽で、表現をすることが大好きなのだと思った。

Google

Google

-同友会

執筆者:

関連記事

no image

こっち側の当たり前があっち側の当たり前であるとは限らない ~クオリティと姿勢に問題のある同業の人たちと関わって

同じ印刷業界だから事情がわかって寛大になれることもあるし、その逆もある。 自分がライティングや取材で関わっている冊子の編集委員会には、ある印刷会社の人も来ているのだけれど、せっかく会議に参加していても …

no image

写真の父も笑っている。笑ったままの父は、ずっと動かない

今夜、同友会をアピールする集まりで、報告と懇親会の司会をすることになっている。 「学び」と「気付き」と「刺激」という言葉は抽象的で人に響かない気がするのだけれど、自分だけがベラベラと喋っていて良い時間 …

残りわずかなお金で船に乗った、酒屋の漢の物語。

金曜日夕方、同友会の活動から社会復帰。 自称西神戸支部で一番数字の稼げる男、岩井寿商店の岩井さんの報告。 問屋-販売店という従来の形とは異なる、蔵元-酒屋-飲食店という立ち位置にいて、ご自身の取り組み …

中小企業家同友会バンドのリハーサル、人前で何かをするということ

何年か前にも兵庫県中小企業家同友会のオール兵庫という集まりで、人前に出てオリジナル曲を歌ったことがある。それ以来となる同友会バンドのリハーサル。 音楽という共通言語は年齢差も育ちも立場も一切関のないも …

no image

「離婚した理由はDVです」と伝え続けるブランディング

「離婚した理由はDVですって言っておけば、おっさんどもは釣られてくれますよ、それもブランディングです」という強烈な闇を見た。生きていく方法も人それぞれ。願わくは「釣り続けてあげてほしい」。シンデレラを …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly