川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

業務日記

僕たちはいま、批判されることを回避しすぎてはいないだろうか

投稿日:2017年5月20日 更新日:

毎月増えていく新しい名刺。いま、出逢った人が自分の利害関係とはならずとも、目の前にいる人の先の誰かが自分の利害関係になるかもしれず、僕たちは空気の中に、お互いの親愛と尊敬を込めて言葉を選び合う。

年齢が近ければ近いほど、打ち解けるまでの時間を要しない。だからどうしても、そんな場所を求めてしまう傾向があるのだけれど、結果として、年齢の離れた人たちとの関係を拒絶するような空気を発するようになってしまってはならない。色々な関係のなかを生きていくということ。あえて、苦手な世界に身を置いて肌で感じようとするのもまた、大切なことだと考えている。

個性は大事だ。ただ、個性が無礼になって相手を不快にさせてしまってはいけない。距離感、間合い。僕たちはそれを批判によって覚えていく。さて、僕たちはいま、批判されることを回避しすぎてはいないだろうか。

Google

Google

-業務日記

執筆者:

関連記事

平日のサービスエリアで仕事をすることのメリット

トミカ 068 郵便車 (箱)を買った。 車の好みは人それぞれ、僕は食パン型のクルマを愛してやまない。いざとなればそこで眠る(生活する)ことができる、いざとなればそこで商売をして生きていくことができる …

旧事務所の大掃除と、火葬に向かった桜の葬列と。

旧事務所の大掃除。 彼らは今、それぞれに新しい命を授かり、その誕生に向けて仕事に家族のケアにと一生懸命頑張ってくれている。自分自身が働く父の背中を見て育ったので、彼らの働く姿も子どもたちに見てもらいた …

挨拶文やスピーチの文章作成や添削のご依頼 ~商業ライターと詩人のちがい

この時期になってくると、新年度の人事に伴う挨拶文やスピーチの文章作成や添削のご依頼が増えてくる。 体裁を良くするために文章を綺麗にし過ぎると、既視感のあるものが出来上がってしまう。その人らしさを大切に …

no image

モノの終わりと始まりに。

もう営業を止めてしまったような、古い店舗を目にすると。 でも、このお店にも、「オープン」したばかりの頃があったんだよな。 店主はその時、よし頑張るぞ、という決意で初めてのお客さんを待ったのだろう。 そ …

no image

有り難きありがとうに心をこめて

2月は日数が少ないうえに、月の半ばに祝日まである。そして年度末の慌ただしさも重なって、毎年、ほとんど記憶に残らないまま時間だけが過ぎていくような気がする。 一般社員として前川企画印刷に入社したのが10 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly