川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

同友会 業務日記

本音を語るためには、自分のこれまでの時間に真摯に向き合う必要があった

投稿日:2016年8月26日 更新日:

同友会での発表を終えた。色々な感想をいただくことができて嬉しい。感謝。

何年も前に、同友会でだらだらと会議をしていたところ、とある方が怒り出したことがある。「ここは経営者たちの集まり。それぞれの会社で一番給料取ってる人間が集まってるのに、時間を無駄にするような会議はやめましょうよ。時給に換算したら、いくら無駄にしてるかわかりますか?」

この言葉は本当に衝撃だった。本当にその通りだと思った。以来、行き帰りの時間や懇親会の費用もふくめて、同友会に費やすお金と時間は予算化するようにした。「学んだ」とか「刺激になった」と思われる時間ほど、感覚的になりがちで、浪費に終わってしまうことが多い。「本気」や「本音」は行動が伴ってこそ。

お越しいただく方の時間の価値を意識して、発表の準備に時間を費やした。終わって、一晩経って、熱が出た。それくらい気が張っていたということなんだろうと思う。一生懸命になれて良かった。

「商売とビジネスの違い」「与える」「続ける」「自分が商品になる」。飾り言葉をなくして、本音を伝えた。本音を語るためには、自分のこれまでの時間に真摯に向き合う必要があった。それはそれで、とても貴重な時間となった。

チャンスを与えていただいたすべての方に感謝したいと思う。商売人としての生き方を、これからもちゃんと全うしていく。

Google

Google

-同友会, 業務日記

執筆者:

関連記事

no image

wantに応えられるブログ記事を用意しておくのはおもてなしの気持ち ~秋になるとアクセスの増える記事たち

毎日欠かさずブログを更新していると、検索から、色々なキーワードで人が訪れてくれるようになる。ひとが検索に向かうときは何かしらのwantがあるとき(want,want to do,want to kno …

印刷会社のしてはいけないミスのこと。

あるお客様の仕事で、うちのミスがあり、ご迷惑をおかけしてしました。申し訳ございません。 たとえばJR西日本さん。 本来、鉄道の「鉄」という字の右側は「失」と書くのですが、「金を失う」では縁起が悪いとい …

no image

「なんとなく」決める人たちには「なんとなく」醸し出していくこと ~売るのではなく選ばれるために

Instagramで写真をアップするようになってから、撮影の仕事を頼まれることが増えた。 もちろん僕は、どこかで撮影の勉強をしたわけではないし、撮影の仕事をするとアピールしたこともない。ただなんとなく …

no image

犬と猫に優しい、神戸の前川企画印刷とは。

7月からの新しい期に向けて、1時間以上の会議。 やるべきこととやりたいことのリストアップ。そして、それぞれの優先順位、各人のやるべきこと、期限を設定しました。 企画・キャンペーンは続々発表予定。新しい …

no image

褒められたいくらいに頑張った、僕の全力投球の思い出。オール兵庫の分科会のこと(備忘録)

オール兵庫分科会の座長(パネルディスカッションのコーディネーター)は、今年一番頑張ったことでもある。そして今年一番いろんな人に助けてもらったことでもある。分科会の思い出をどうこう語るよりも、この分科会 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)