川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

ブログ論 業務日記

ブログを育てていくということ、ブログは資産になるということ ~選ばれるための差別化に必要なこと

投稿日:2018年1月6日 更新日:

三が日が終わって1月の4日や5日頃になると、コトバノで書いた関西と関東で違う松の内のアクセスが急増します。

寒中見舞いを送る時期についても書いているので、年賀状をもらったけれど出しそびれてしまった人たちからもよく読まれているようです。どの時期にどんな記事が読まれるのか(読まれるようになるのか)、その背景と心理を想像しているのは楽しいですね。

年が明けて、コトバノでは抱負と目標という言葉の意味の違いと使い分けについて記事を書きました。

これは「抱負 目標 違い」という検索で上位に表示されるようになれば良いな、と思って書いたものですが、思いがけず「抱負」という言葉だけでGoogleの上位(2~3番目)で表示されるようになっています。

「抱負」という言葉が検索されやすい時期ですし、更新した次の日にはこんな風に上位に表示されたおかげで、たくさんの方に読んでいただいています。有り難いことですね。

Googleに評価されるようになるためには

・日記と情報の違いを意識すること
・検索画面の前にいる人のwantを想像すること(want,want to know,want to buy…)
・継続すること

このあたりは本当に大切なことです。しかし、実際にそれをどんな風にやっていけば良いのかわからず、そしてついつい三日坊主になってしまうという方もたくさんいらっしゃいます。

前川企画印刷では伝わる喜びを想像し伝えるチカラを創造するを経営指針とし、ブログでの発信をサポートする業務、コンサルティングを行っています。書くという「投資」がどんな風に「リターン」となるのか。伝え続けることのみがブランディングで、選ばれるための差別化に絶対に必要なことだ、という強い信念をお持ちの方にはお役に立てるのではないかと考えていますので、「伝える」「伝わる」というキーワードに思い当たることがあれば思い出していただけると幸いです。

「本気の覚悟」なんて、軽々しく口にして何もしないくらいならば、僕はただ、自分との約束を守るために伝えることを継続していきます。Googleに愛される生き方を継続して、情報を必要とする人に与え続けること。2018年も淡々と、それを実践していきます。

Google

Google

-ブログ論, 業務日記

執筆者:

関連記事

no image

それは管理なのか、リーダーシップなのか ~血の通わない知識、涙すらも含む経験

僕たちは管理されようとすると、反発を覚えてしまう。どこかで「マネージメント」なんたらを学んできたような人の言葉を聞いて、それに素直に従えないのは、「管理するためのアクション」であることが見え隠れしてし …

no image

心はてんこ盛りにする。

「そういう書き方をすると、相手はどう思うだろう」 「ここですぐに電話をしなければ、相手は不安にならないか」 「まずはゴメンナサイって、謝るべきではないか」 私は、綺麗な言葉と心遣いを忘れずに、仕事をし …

no image

阪神百貨店のデパ地下における試食コーナー、店員さんとお客さんのコミュニケーション ~葛根湯以上恋人未満

しばらく冷蔵庫に保管しておいた葛根湯を振らずに飲むと、最後にどろっとしたものが残ってしまう。どろっとした部分に薬効の主成分が残っていそうで、水分の失われた瓶を片手に飲もうかどうかを躊躇するけれど、僕に …

no image

「なんとなく」決める人たちには「なんとなく」醸し出していくこと ~売るのではなく選ばれるために

Instagramで写真をアップするようになってから、撮影の仕事を頼まれることが増えた。 もちろん僕は、どこかで撮影の勉強をしたわけではないし、撮影の仕事をするとアピールしたこともない。ただなんとなく …

no image

本気の悔し涙を流せたことが、僕の仕事の誇りなのだと思った

11年目の新しい期が始まったその初日にトラブルがあった。 テキストもテキストを飾るデザインも、一体となってメッセージ。不本意に削られたり手を加えられたりしたものは、真意から遠ざかる。真意ではないものに …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly