川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

神戸、震災、1月10日を過ぎるとアクセスの増えるページ、癒えない傷、言えない傷、この風の特別をずっと

投稿日:

コトバノには季節や時期によってアクセスの増えるコンテンツがあります。「大地震」の読み方について解説した以下のページは、いつも、正月ムードの抜けた1月10日前後から閲覧数が伸びてきますね。

1月は関西、3月は東北。

まだ風の冷たいこの時期に、あの残酷な揺れに運命を歪められてしまった人がたくさんいることを思い知らされます。当たり前に「震災前」「震災後」という言葉を用いる僕たちですが、兵庫県南部地震から、もう20年以上の時間が経過しました。少しずつ「震災前」を共有できる人たちが減っているような薄くなっているような、そんな空気感に、複雑な感情になることがあります。どうかまだ、傷の癒えない人たちのために、神戸に吹く1月の風は、いつまでも特別なものであってほしいものです。

動かないJR、瓦礫の街を行く代替バス。受験生であることを知った神戸の人たちは「大切な時期に身体を壊したらあかんやんか」と、バスを待つ列の先頭に僕を並ばせてくれた。「受験、頑張ってくるんやで」。

引用元:[川柳]1月の神戸は花がよく売れる | 短歌と川柳とマカロニと

震災を詠んだ一句です。あの時の僕は18歳。大学受験の真っただ中で、街のすべての人たちが僕に優しく接してくれました。この街に色々なものを返していきたいという気持ちはずっと空回りしたままですが、傷があるからこそ触れらた人情のことは、今も忘れることはありません。

癒えない傷、言えない傷。焦ることはありません。ずっとそのままでいいのです。ずっとそのままであってほしいと願います。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

きみの勤労に感謝してる。

かったりー。 だるいわー。 猫るん、だるいわー。 でも、頑張るわー。 だーにえーーーーる。

連休初日、伊勢に行ってきます。

さて、連休のスタートです。 2日と3日は一泊で、伊勢志摩に行ってきます。神社関係のお仕事が多い自分たちですから、ここはやっぱり、ちゃんとお礼参りに行ってこなければいけません。 そして勿論「伊勢エビ食わ …

no image

また揺れた。

明石だけ震度3。 明け方にパニック。 心臓が痛い、震えが止まらない。 日付が変わった頃にも揺れた気がするのに、記録には残っていない。 また来るの? …あかんあかん。 眠れない。

no image

笑ってしまうだけでいいのかな。

格差社会を問題にしておいて、「無知」であることを笑いものにしている。 誰かを見下したり、誰かの上位にいることで安堵を覚えることは、そんな格差や差別といった言葉からは、遠いところにあるのだろうか。 冗談 …

もうすぐハロウィン。

パンプキンなフラワーアレンジメント。 秋ど真ん中。時間は過ぎていく、加速しながら。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly