川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

書き出す、教える、アウトプットする、それが、僕の引き出しを増やしていく

投稿日:

アウトプットすること、教えることが記憶の定着につながると思うのです。

「利用頻度」という言葉のあとに続くのが「高い」だったか「大きい」だったか、いつもすぐには思い出せず、「…なんてものを、よく使うんですよねぇ」と言葉を置き換えて使ってしまいます。

こうして自分で整理しておいて、覚え方もセットにしておくと「思い出す糸口」が出来て便利です。人に教えてみる、アウトプットしてみる、これこそ、記憶の定着につながります。

……ということをドヤ顔で語ろうと思っていたのですが。

会話をしていて、早速「利用頻度」という言葉を用いる状況になりました。しかし(たしか、覚え方も一緒にコトバノに書いたよなぁ…。どんな風に書いたっけ?)と、思い出せたのはここまで。書いたばかりの記事の内容を思い出せないとはトホホです。

どうやらこれからも「利用頻度」という言葉を検索する頻度、高くなりそうですねぇ…(←アウトプットして覚えようとしています)

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

君に最後に会いたかったんだ。

0系。

no image

カムチャッカの若者は、どんな夢を見ているなうか。

ASKAさんが、一連の疑惑に対するコメントを発表してくれた。  反論すること、法的手段に訴えること、あらゆることを考えました。しかしながら、そのひとつひとつが時間の無駄で無意味なことに他なりません。  …

親の店。

今日は神戸元町通商店街のお祭り『夜市』です。お店の中をぱちり(親の店、4丁目プチ関口です)。

感激の帰路。

コンサート終了。 今日も感動しました。

事故。

救急車いただきました。ムチウチ。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly