川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

横を走り抜けて行く 青く丸っこいその姿に。

投稿日:

通勤の朝。
駅を降りてからしばらくは、JRの線路沿いを歩くことになる。

曲がり角に差し掛かる頃いつも

九州からの旅をまもなく終えようとするブルートレインが
少しくたびれた顔をして横を通り抜けていく。

   旅に出たいな

丸っこい後姿を見送りながら
そんなことを思う、昨日も今日も、明日もまた。

大きく深呼吸できる場所は いったいどこにあるのかなぁ。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

no image

死んでいなければ、生きていれば。

@水曜日 「生意気な奴め、ツラ貸せやコラ」、と言われたかどうかはともかく。 全兵庫経営研究集会で知り合った、東播支部のE社長から食事のお誘いをいただきました。明石の駅前の居酒屋と、とても雰囲気の良いバ …

捨てる勇気とその先と ~ いつかうなずくまで。

お客さんを決めていくことの重要性を、いつも説いている。 あの仕事も、こんな仕事も、あのお客さんも、このお客さんもという構え方は、広さのトレードオフとして深さ(専門性/得意)を失ってしまうことになるから …

龍野西SA。

岡山まで、風呂入りにいってきます。

no image

デザイン事務所と大喧嘩。

外注さん。 この人間は、いつでも「金はー? 金はー?」と聞いてくるので正直付き合いたくなく、気分が非常に悪かったのですが、ついに喧嘩しました。キレてしまいました。 あぁでも。 元々の仕事の発注主に迷惑 …

天守閣からの眺め。

膝が笑っています。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)
このブログの執筆者であり前川企画印刷の代表である西端がフォト詩集をiPhoneアプリで出しました。知識ではなく、感性に訴えかける写真と言葉たち。もし良かったら、もし良かったら…
follow us in feedly