川柳

【川柳】国境の濡れ雑巾が追いつかぬ   ばた

繰り返してばかりの、争いの炎に。

飽き飽きしていて、それは、天気予報と変わらないくらい、
見慣れたニュースの一部だった。

きっと、誰かが始めたんだろう。
きっと、そのうち終わるんだろう。

そんな程度の認識で。

今日も、“ほんの”、命は。

ちぎられて、全体が、ただ、なんとなく。
何事も無かったような顔をしながら、遠くに、近くに、のぼる、
煙と魂を、無関心な顔をして。

静かに、ぼーっと、眺めているばかりだった。

===

  【掲載】国境の濡れ雑巾が追いつかぬ

    ふあうすと2007年06月号
    全人抄(中川 一選)