業務日記 PR

印刷会社のしてはいけないミスのこと。

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

あるお客様の仕事で、うちのミスがあり、ご迷惑をおかけしてしました。
申し訳ございません。

たとえばJR西日本さん。

本来、鉄道の「鉄」という字の右側は「失」と書くのですが、「金を失う」
では縁起が悪いということで、あえて「矢」と表記しているのだそうです。

印刷物は、時として、お客様の「顔」となって、あちこちで活躍をしてくれる
存在です。優秀な営業マンにもなります、誰かの人生観を変えてしまうことだって
あるかもしれません。

それをミスしてしまうというのは、お客様の顔に泥を塗るというのと同義。
もしかすると、「鉄」という字の話以上に、縁起の悪いことかもしれません。

早くお届けしたい…という焦りの気持ちが、「確認」という、単純であり、かつ
重要なプロセスを軽んじてしまう結果となってしまいました。

ただ、ただ、申し訳ない限り。 言葉もありません。

チャンスは、二度、三度、来るとは限りません。

でも、プロとして、責任を持って、結果をだしたいと思っています。

「再度、宜しくお願いします」と、お客様からの優しいお気遣い。

「明日こそは」と、制作担当から届いた(社内)メーリングリスト。

素敵なお客様と、優秀な社員に恵まれたからこその“再”チャンス。

頑張ります、頑張りましょう、 お客様の横にいる気持ちを決して忘れずに。