川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

明日に何が残せるか、赤提灯の似合うおっさんで。

投稿日:

大掃除。

窓を全部はずして、拭きまくり。
意外に重たくて、腕も腰もへとへと。

庭に放ったらかしにしておいた、抜いたまんまの雑草たちを
ゴミ袋に入れようとしたのだけれど、昨日からの雨で水分を
吸いまくっている。

仕方なく、シャベルで庭に穴を掘って埋めることにした。

 「ちょっとした死体遺棄だー☆」

そういうことをご近所に聞こえる声で言ってしまう自分が好き。

うまく腐って、来年また植えようと思っているスイカの肥料に
なってくれるといいな。

松山千春のディナーショー(於:熊本)に出かける母を西明石駅まで
送って、その後、散髪とクリーニング屋。

読書は、東野圭吾さんの「鳥人計画」を読み終えて、飯塚訓の「墜落遺体」を
読み始めたところ。むかし、少しだけ勉強を見てあげた子のお父さんは、
まさにその日航機墜落事故の犠牲となられた方の一人であった。

ひとの運命は、10秒先さえ、どうなるかわからない。

死が、誰にも必ず訪れ、しかしいつ訪れるかわからないものであるならば、
せめて、「こういう人であった」と語られるだけの、何かを残しておきたいと
常々思う。

信念をもって行動すること。
それが、自分の痕跡となって、誰かに刻まれるようであればいい。

Sさんにワインの楽しさを教えて貰ってから、はまっている。

どなたでも、来年は、是非、おいしいワインを飲みに連れていってください。
カタカナっぽいお店はどうしても苦手で、なかなか行けないもので。

赤提灯で、タイガースの話を知らないおっちゃんとするのは得意なんだけどなぁ。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

no image

CHAGE&ASKA関係のCDを大人買い。

中古CD屋を覗いたらCHAGE&ASKA(CHAGEやASKAのソロ含む)関係のCDが100円や200円という破格値で叩き売られていた。手にとって見てみると、いわゆる「初回パッケージ」もんも …

月刊川柳マガジン。

今月も2つ佳作で選ばれていました。 次の締切も間近。今月は総合誌以外にも投稿してるので、締切に追われています。

no image

自分の来た道は、誰かの行く道

自分の来た道は、誰かの行く道。経験は財産で、経験は人の心に種を植えることができる。あとは「こんな種があるよ」という旗をちゃんと振ること。知ってもらえなければ拾ってもらえない。ココニイルヨ、コンナモノガ …

千春コンサート。

楽しんできます。

no image

ガチャピンとムックを奪った、誰かを叩いては安心する僕たちのこと

学校に行く前の番組はもっと、子ども向けのものが多かったような気がする。いつから、人の批判や噂話の類の内容で埋め尽くされるようになってしまったのだろう。ガチャピンやムックのような存在は、今の時代の子ども …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)