業務日記

神戸で一番お客様主義でありたい制作会社とは。

朝から名谷のMさん宅へ原稿を受け取りに行く。

会社に戻って入力開始。
事実上の仕事始めなので、取引先の方が次々と挨拶にいらっしゃった。

どうぞ今年も宜しくお願いします・・・。

どなたがお越しになるのかわからないので、今日は外出せず。
明日からは自分も挨拶に出向かなければ。

新年早々、ミス。

ミスはあるものだと思っている。

そのミスを、くどくど責めたりはしない。非難し続けると、言われた本人は
「怒られた」という記憶しか持たない。ネガティブな感情を抱くのが必至。

ならば、

 「何故ミスをしてしまったのか」
 「今度はどうしたらそれを防げるか」

という原因と予防策を一緒に考えることにしている。

そのうえで、何よりもご迷惑をおかけしてしまったお客様に対して、どうやって
誠意を示すのか、ということを考えてあげる。

N君は、今日のミスに対して、まずしっかりと謝罪と対応を行ったうえで、

 「お客様の顔に泥を塗るようなことをしてしまいましたね」

と、自らにそう言い聞かせていた。

大切なことが何なのか、それさえ見失わなければきっと大丈夫。
当たり前を積み重ねて、お客様からの信頼をもっと確かなものにしてほしい。

背伸びはいらん、かっこつけはいらん。

お客様から、気軽に世間話をしてもらって、お茶菓子をいただいて、
その先に、大切な相談をしていただける、そういう存在を目指してほしい。

ちなみに、自分がミスをしたときは。

お客様に、手書きで謝罪文と原因を書く。
そのうえで、今後、同じミスを起こさないようにどういう対策をとるか、どんな
話し合いを社内で行ったかを記す、勿論、日付と署名入りで。

手書きの謝罪文はコピーを取っておいて、自分への戒めに、目立つところに
一年間、貼っておく。

同じ過ちを繰り返さないこと。
長い付き合いをお願いしたいお客様に、成長していく自分たちを認めて貰うこと。
すべての品質を、当たり前に提供していくいこと。

その、基本的なことを実践していくようにしている。

謝罪文なんて勿論、書かないに越したことはないのだけれど(汗)