川柳

【川柳】初七日の後 骨壷と丸い背と   ばた

「これまで」の区切りがついて。

ふと、「これから」の風が流れた。

桜の校門
胸に抱いた希望のような

どんな明るい未来を抱くというのだろう。

何も語らず、何も聞こえず。

ふと、「これから」の風を思った時間のことだった。

===

  【掲載】初七日の後 骨壷と丸い背と

    ふあうすと2008年1月号
    全人抄(赤井 花城選)