雑記 PR

父の居てくれたこと、居てくれること。

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

手術は大成功だった、奇跡だった。

余命という未来は、ひとまず打ち消された。
足を切らなければいけないという危機は、ひとまず過ぎ去った。

手術は大成功だった、みんなの願った奇跡だった。

左にハンドルを切れば、父の病院があった。

手術の成功を信じて、父と医者と、家族に祈りを託す。
いま、自分がやらねばならない仕事に専念しなければ、いつまで
経っても父親の背中は遠いまんまだ。

無事、手術の終わりますように…。

僕は道をまっすぐに走らせた。

(手術中に、万が一なんてことは)

(心臓がうまくいっても、足は切らなければいけないのだろうか。
切るくらいなら死にたいという親父に、どんな希望があるのだろう。)

纏わり付くのは生暖かい風。
嫌な連想をさせる雨はガラスに容赦ない。

信じてる、はずの、自分の心は。

ほんとうは、とっても臆病な顔をして毛布を欲しがっていた。

胸ポケットの震えたその瞬間。

真っ白になりながら携帯を取り出す自分がいた。
感激で泣きじゃくる自分のことを、まるで想像なんてしちゃいなかった ―

麻酔の残る術後、意識朦朧としたなかで。

父は、「うまくいった」と呟いたという。
そして感謝の気持ちを「ありがとう」という言葉で伝えたという。

まだ、状況のよくわからない段階であるのに。

ありがとうを伝えられる父のことが、心から誇らしかった。

父は強かった、やっぱり僕には、大きな人だった。

何をしてあげられるか、なんて、おこがましかったね。

僕は、まだまだ、父には貰うものばかり。
両手いっぱい、こぼれ落ちそうな、感動でした、感激でした。

親父へ、父さんへ。

なんて言葉がいいのか、よくわからんけど。

ありがとうな、
おめでとーな。

で。

これからも、ずっと助けていてくれな。

きっと、顔を見ちゃいえない台詞、だけど。

いつも、そういう気持ちで、これからも、ずっと、うん。