川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

暖かい親父ギャグなんてものは存在しないのだ ~灯油あったかキャンペーンに対する考察

投稿日:2018年1月2日 更新日:

たとえば「温かいざるそば」が存在しないのと同じで、「暖かい親父ギャグ」なんてものは存在しないのだ。親父ギャグは極寒の環境下において存在し得る。お蕎麦を食べて「美味しい」と言葉にする。親父ギャグを聞いて「寒っ」とリアクションをする。僕たちは自然に逆らって生きることはできない。

ガソリンスタンドで「灯油あったかキャンペーン」が行われていた。この灯油あったかキャンペーンは「灯油があったかどうか」という意味なのか、「灯油は暖かいよね」という意味なのか、それともその両方の意味を含めた思慮深い戦略によって行われているのか、どうなんだろうと考えてしばらくを過ごした。どうなんだろう。

引用元:灯油あったかキャンペーン – 句読点

「灯油あったかキャンペーン」について論文を発表した。ここに親父の意図は働いたのかどうか。

ところで、このようなことを書くと「このキャンペーンの実際の趣旨はこういうところで…」と、わざわざ調べて回答してくださる方がいるが、野暮というものである。調べたらわかるかもしれないことを、あえて調べない。それを情緒と呼ぶのだと信じたい。知らんけど。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

ピアノがあるということ、空気を入れ替えるということ

感情や人付き合いには総量があるのではないかということを以前書いた。 「総量」というのは感覚的なもので、僕はこれをよく、ベンチに例えて表現する。座ることのできる人の数は一定で、誰かが席を立てば、必ずまた …

約束をするピアノ。

ローランドのデジタルグランドピアノ新製品を試奏させていただく機会がありました。 いい音、いいタッチ。 そしてコンパクト。 ピアノへ、という身構え方をする必要がなく、気軽に音符に飛び込める感覚。 音符を …

no image

18年を一緒に生きた愛犬だからこそ。

とても冷たい人間。 犬たちを、人間と同じように考えている。人間以上に考えているかもしれない。 人間に対しては、決して流さないような涙を、簡単にこぼすことが出来る。 そう、とても、冷たい人間。 「犬と人 …

no image

SNS活用→流行追いかけよう→ツール使っちゃおう→ダメな会社だと見透かされよう

「整理整頓清掃」で社内風土作りをサポートする会社アカウントからフォローされ、2日でフォローを外された。さすが整理作業が徹底しているんだなぁと思った。 — 西端康孝 / 川柳家・歌人 (@b …

no image

あした、また、誰かに出会える名刺でありますように。

毎日、「有り難しありがとう」という呪文を唱えています。 マニュアルに書いてあるからありがとうなのではなく、本来「有る事難し」ゆえの感謝の気持ち「ありがとう」。意味を考えながらこの言葉を口にすると、相手 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)