川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

有名な人に、顔と名前を覚えてもらったこと。

投稿日:

明石蛸壷川柳社創立55周年記念大会。
入選したのは2句。

 初七日の後忙しい計算機 (これから/松本初太郎選)

 LLはチラシと違う値段です(腹が立つ/萩原典呼選)

いわゆる「句会川柳」と呼ばれるものに、疑問を覚えることが多い。

選んで貰った上の2つの句は、自分でも「たぶん、抜けるだろう」という予感が
あった。それは決して佳句であるという自信から来るものではなく、これまでの
句会の雰囲気から、感覚的にそう感じるものだ。

しかし、「抜ける句」がイコール、「残したい句」ではない。

では残したい句」がイコール「佳句」なのかというと、そういうわけでもなく、
このあたりが短詩文芸の評価の仕方、され方の難しいところなのだろう。

想いを込めて作った作品は、これからも粘り強く違う機会に出句し続けて、
いずれ「活字」として、自分の生きた痕跡にして、世に残したい。

これまでも当blog上では、入選した川柳を載せるようにしてきたが、これからは
特に「残したい句」についてのみ、散文(詩)を添えて記録していきたいと思う。

ところで、大会の会場で有名人に声をかけていただいた。
川柳文学コロキュウムの代表、赤松ますみさん。

静岡のかつおさんに「ますみさんも松山千春ファンだよ」と聞いていて、いつか
機会があればお会いしたいと思っていた方。

まさかわざわざ声をかけて貰えるとは、光栄。

「句会川柳」そのものについては悩みが尽きないけれど、こうして、川柳会の
大御所と呼ばれるような有名な方から、昨日川柳を始めたような人まで、
様々な方と交流の機会を持てる句会の雰囲気は大好きだ。

これからも、余裕がある限り、参加してみたいと思っている。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

no image

モヤモヤを生きてる、モヤモヤの先を見たくて。

父との思い出の場所であり、生活の礎の場所がなくなっていく。こんなに辛くて悲しいことはないけれども、仕方のないことでもある。起きることは、すべて意味のあること。意味をもたせられるのも、また、人間だからこ …

no image

100人の出会いを応援するブロガー名刺。

月が変わって、穂張り月、月見月。 旧暦を由来とする8月の呼称にはこんな綺麗な響きもあるのですが、今の暑さからは少しイメージが遠すぎるようです。 中旬、下旬まで、うちの会社も8月は殺人的な忙しさに追われ …

no image

震災の日によく検索されるキーワード「大地震 読み方」「周年 使い方」 ~生かされていることへの敬意

報道でよく使われる言葉だからだろう。コトバノでは、この日、下記の二つの記事へのアクセスが多くなる。 事故や事件の災害に「周年」という言葉の使い方は誤りか ~「周年」と「年目」の使い分け | コトバノ …

来年のカレンダーに行く前に。

どうやら、やらなくちやいけないことがあるらしい。

西へ夕暮れへ。

@高速の乗り口 秋はそろそろ、仕事はまだまだ。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)