川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

祈り – 松山千春 / 誰かがいるなら聴いて下さい。

投稿日:




松山千春 起承転結11

このアルバムに収録されている松山千春さんの「祈り」という曲は絶対オススメ。
何度聴いても涙がこぼれます。

思い出の何処かに、心から愛した誰かががいる人は ―。

是非、聴いてください、そして泣いてみてください。

すると、許せるようになるのかもしれません。
そしてまた、逢いたいと思うようになるのかもしれません。

こんな祈り、貴方なら出来ますか?

久々のカラオケ。

キーが高めの曲が好きなので、女性ボーカルの曲が中心になる。
時折、モノマネの練習も、今日は徳永英明さん。

コンビニで、教え子のKちゃんに久々に会った。

近くのホテルで働いているらしい。
相変わらずの笑顔が、ほんとに気持ちよかった。

この子は、一生こうなんだろうな。 どうか、ずっといい人生を。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

明石の海は。

静かで、優しくて。昔から懐かしく、いつまでも懐かしい。 心癒してくれる潮の風。 明石焼きでお腹いっぱいの腹ごなしに、誘われて、浜に出るのでありました。

no image

Fracture Again

さいど【再度】二度。ふたたび。副詞的にも用いる。「━挑戦する」「━治りかけていた肋骨をやってしまう」 — 西端康孝 / 川柳家・歌人 (@bata) 2017年11月13日 9月の半ばから …

明石の港の潮風を浴びて。

釣り中(の家族を後ろから眺め中)。

no image

ちょっと引退してくる。

自転車の僕に、少年野球のボールが飛んできた。 吹奏楽部員として、甲子園を目指したことのある僕だ。 軽やかにボールを拾って、レーザービームでバックホームを試みる。 「いくよー」 肩を回す。 風を切って、 …

まだまだあぶない刑事。

サントラ購入。 土曜日に見てきました。セクシー大下とダンディー鷹山は健在。面白かった。 浅野温子さんは改めてすごい女優だな、と。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)