川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

改札口まで迎えにおいで。

投稿日:

5日、愛犬じゅにあの11歳の誕生日。

ナイスな表情。
おやつを貰ってご機嫌なのかな?(撮影は弟)

そして、明日6日は昔飼っていた愛犬じゅりーの誕生日。

天国で、うちの親父は会えたのでしょうか?
今度はもう、離れ離れにならない距離で、ずっと僕らを待ってくれていますように。

先日の千春のコンサート。

家族の話。
そして新曲「我家(わがや)」。 

壊れたように、涙が溢れ出しました。

そういえば、父は、よく「明石駅の改札まで、迎えにおいで」と仕事帰り。

僕らをバッティングセンターやボーリングに連れていってくれて、
美味しいものを食べさせてくれたものでした。

仕事の在り方を語るとき、父のことが思い出されて、僕はいつも。

臆することのない勇気と信念でもって、
今日を振り返り、明日のことを見据えています。

もっと、生きていてほしかったなって、やっぱり。

悔しさと寂しさ。

ないわけもなく、どうしても。
時々、こぼれては、こぼしては、色褪せない幾つもの宝物。

全部がまるで昨日のようのことだから、温かくて、悲しくもあるのです。

空のどのあたり、父は、犬たちは ―。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

no image

こんな警察になら、いくらでも税金を払いますとも。

まだまだあぶない刑事今秋公開ですかー!! このニュース、まったく知りませんでした。感激! 楽しみだなぁ。

no image

自分の中に落ちていました。 

働けるだけでも有り難いといっていた人が、そのうち、有り難いの気持ちを忘れ始める。慣れるとはそういうこと。 ただ、応援していた立場としては、それは聞かせて欲しくはなかったなぁ。 誰かのせいや、環境のせい …

譲り合ってお座りください。

誰が来るのか、行ったのか。 雨の予報の隙間を泳いで、明石公園へ。 レンズの向こうを探して歩くと、見慣れた景色も違う世界です。 カメラ、ほんとに買って良かったな。 先週は5日あるうち、4日がお酒。 一時 …

坂の途中の霊柩車とカレーと。

ふくらみ始めた、庭のさくらんぼ。 色が付き始めると、鳥さん達が狙いにやってきます。今年こそは、長年の戦いに終止符を打たねば。 甘酸っぱい初夏の味わいが、とてもとても待ち遠しい。 午後、少し気になること …

no image

奥山貴宏さんのETV特集『オレを覚えていてほしい』、お借りしてきました。

今から観始めます。あとで、またゆっくり感想を書きますね。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)