雑記 PR

改札口まで迎えにおいで。

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

5日、愛犬じゅにあの11歳の誕生日。

ナイスな表情。
おやつを貰ってご機嫌なのかな?(撮影は弟)

そして、明日6日は昔飼っていた愛犬じゅりーの誕生日。

天国で、うちの親父は会えたのでしょうか?
今度はもう、離れ離れにならない距離で、ずっと僕らを待ってくれていますように。

先日の千春のコンサート。

家族の話。
そして新曲「我家(わがや)」。 

壊れたように、涙が溢れ出しました。

そういえば、父は、よく「明石駅の改札まで、迎えにおいで」と仕事帰り。

僕らをバッティングセンターやボーリングに連れていってくれて、
美味しいものを食べさせてくれたものでした。

仕事の在り方を語るとき、父のことが思い出されて、僕はいつも。

臆することのない勇気と信念でもって、
今日を振り返り、明日のことを見据えています。

もっと、生きていてほしかったなって、やっぱり。

悔しさと寂しさ。

ないわけもなく、どうしても。
時々、こぼれては、こぼしては、色褪せない幾つもの宝物。

全部がまるで昨日のようのことだから、温かくて、悲しくもあるのです。

空のどのあたり、父は、犬たちは ―。