川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳

【川柳】笹の葉は揺れて 刺されぬ世のことを   ばた

投稿日:

そう、なってしまったコト。

いつか当たり前だった平和や安全。
いま、祈らなければならないものへ。

だれかを信じなさいという言葉や教え。
いま、人を疑う性悪説へ。

短冊は、どのときから。

寒い季節に揺れるようになってしまったのか。

===

  【掲載】笹の葉は揺れて 刺されぬ世のことを

    ふあうすと2008年7月号
    裏表紙

Google

Google

-川柳

執筆者:


関連記事

【川柳】マフラーの長さのようなありがとう  ばた

人は温度、人はありがとう。 ビー玉を集めた一生懸命で、今日も明日も、ボクもアタシも。そして、やがて。 笑い皺、笑い声、君に、あなたに。 当たり前を、道の真ん中において。

no image

【川柳】戦争と平和 カルビとさとうきび   ばた

つまり、それほど、遠くもなく。こっちとあっちの隔たりは、脆くあり。 ざわわ、ざわわの、風の舞う場所。 眠る魂たちは、何か、微妙な空気を感じ始めている。   のだとすれば、さて。 ===   【掲載】戦 …

no image

【川柳】白線の内側 鬼も胃薬も   ばた

選者:中川 一さんの選後評  何故「鬼」と「胃薬」が並列にならぶのか。その意外性が句の幅を広げる。臆病になった鬼は縄張りの外へ少しでもはみ出すことを恐れ、胃薬は箱と説明書に使用上の注意をぴっしりと書く …

no image

【川柳】レールには急停止した痕もある   ばた

順調に見えて、見せて。僕の絆創膏のあたりは、知る人ぞ知る。 加速、加速、どうにか今は。 あの日あの時、死にたいくらいの涙だったことを。 ===   【掲載】レールには急停止した痕もある     ふあう …

no image

【川柳】癒えるまで何度も空を夕焼けを   ばた

傷は癒えない、見上げ続ける。 浮かべている、今日も。浮かべてしまうだろう、明日も。 沈んでしまうのが怖かった。 僕が、薄れていくようで、怖かった。 ===   【入選】癒えるまで何度も空を夕焼けを   …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)