川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳

サラリーマン川柳ならぬ、社長川柳とは。

投稿日:

同友会のSNSで、経営者の立場から【会社川柳】を書いてみることにした。
いろんな試みに、自分の「表現」という手段で挑戦してみるのも面白い、かも。

手始めに、こんな。

決算の近い社長の温度計

 数字を意識しはじめて、焦ったり、イライラしたり。
 怒鳴ったところで、社員は萎縮するばかり。

 決算の近い社長室は、少し、温度が上昇中。

おはようの顔 奥さんと揉めたのか

 社員には元気に出社してほしい。

 ところがどうした、元気のない朝の挨拶。
 どうやら、また、昨日もやらかしたらしい。

 家庭と会社の間の線を引くこと。

 でも、その線を越えてくるものがあるから、ひとって難しい。

核心へ近づくまでの生ビール

 社員の苦悩を語って欲しい。
 社員の夢を聞いてやりたい。

 気遣い無用、今夜は無礼講。

 そして社長はあれこれ、色々、気を遣いつつ。

 心開いた瞬間の、社員からのメッセージをしっかりと受けとめる。

 明日の朝、社員はどんな元気で「おはよう」と言ってくれるのだろう。

サラリーマン川柳があるのなら、社長川柳なんてものを文芸川柳の立場から
アプローチ。

さて、今度はどんな反響があるのかな。

Google

Google

-川柳

執筆者:


関連記事

no image

【川柳】鬼はもう笑わぬ 春の一歩二歩   ばた

 おかしなことだらけだった「変」な年はもう背中、今年は希望に満ちた「変」化の一年であることを祈りたい▼アメリカの新リーダーの力強い言葉に、たくさんの人々が魅了された。言葉に震え、言葉の先の未来に夢を抱 …

no image

【川柳】釣鐘のある当然とハイヒール   ばた

ない時代、強いられた時代、贅沢は敵とされ。 やがて、その象徴たる存在も、徴収され、形を変え、平和を破る轟音となった。 ほんの数十年前に、 そこに、あるべきものがなかった景色があったのだということを現代 …

no image

【川柳】ぐうと鳴く虫を封じた母の味   ばた

高価なおもちゃを与えることではなくて    子の「おかわり」に応えてあげられる  そんな          豊かさと      優しさと               ぬくもりと   当たり前を どうか …

no image

【川柳】森という漢字は知っている子供   ばた

麦わらは駆けて。 カブトムシ、クワガタムシ。 お買い上げ、於、デパートのレジ。 ===   【佳作】森という漢字は知っている子供     月刊川柳マガジン2007年04月号     川柳道(課題「森」 …

no image

【川柳】愛娘 防虫剤が効きすぎて   ばた

変な虫が付かないようにと、なんとか、かんとか、計画通り。そしてやってくる、賞味期限。 あーあ、こんなはずじゃなかった。 どうしたって大人は、高望みをしちゃうのか。 あーあ、こんな、こんな、こんなはずじ …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)