川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳

【川柳】康孝の孝 父の名と母の詩と   ばた

投稿日:

父から一字貰った名前の僕に、母はピアノを与えてくれた。

脳の何処かなのか、心と呼ばれる何かなのかを、僕は知らない。
けれど、表現という泉のようなものは、間違いなくそんな二人から受け継がれ、
養われたものに違いないのだろうと思う。

 さて、父さん、僕はあなたの自慢になれましたか。

 ねえ、母さん、僕は今でも五線譜が大好きです。

生まれ変わる、いつか未来の。

僕はふたりの子どもでありたいし、やっぱり、同じように与えられ、同じように諭され、
同じように殴られ、そして、同じようにふたりを誇りに思いたい。

そんな約束、指切りをしておけば良かったね。

 そう、母さん、いくらでも好きな花を買えばいいよ。

 うん、父さん、近くにいてくれるから夢に見ないんだよね。

桜から夏を跳び越えて、もう、こんな季節・・・ はやいね、父さん。

 ※あの日から半年の想いを刻みたくて

===

  【掲載】康孝の孝 父の名と母の詩と

    ふあうすと2008年10月号
    明鏡府

Google

Google

-川柳

執筆者:


関連記事

no image

【川柳】割り切って値札をつけておく誠意   ばた

見返りを求めてはいけない、そう戒めている時点で、その行為は偽善なのかもしれない。 わかっちゃーいる、わかっちゃーいるが、気が付いて欲しい親切だってあるものだ。たった一言で救われることだってある。報われ …

【川柳返歌】貴方の水で花になる花になる   ばた

一日中寝てましたが、熱は変わらず。 上がったり下がったりが続くと、さすがに疲れます。今日は外に出なかったので、花粉症もマシでしたけど。 観葉植物をプレゼントしていただきました、青年の木。ありがとうござ …

no image

【川柳】死亡率低下 さめざめ蜘蛛の糸   ばた

管に繋がれた命の増えて。かろうじて呼吸はしている、白い建物。 死亡率低下。 生きているばかりが、希望ではないことも。 許されはしない、その、蜘蛛の糸まで。 ===   【掲載】死亡率低下 さめざめ蜘蛛 …

no image

【川柳】まだ寒い春です 土に遠すぎて

もう、一年が経とうとしている。まだ、故郷に遠い人たちがいる。 神戸の一年後を思い出しながら、東北の春を想ってる、念じてる ▼頑張っている人に頑張れと言うのではなく、声だけになりがちな僕たちは形を持たな …

no image

【川柳】虫たちの音符を抜けていくページ

夏の太陽に焦がされた人も、虫たちの奏でる楽器に耳を澄ませる。 同じ星の上に生きて、どんな悲しいことがあっても、ちゃんと季節は巡っている。ほっとして、空を見上げる優しさは誰も同じ。凍て付く冬の寒さではな …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)