川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

死んでいなければ、生きていれば。

投稿日:

@水曜日

「生意気な奴め、ツラ貸せやコラ」、と言われたかどうかはともかく。

全兵庫経営研究集会で知り合った、東播支部のE社長から食事のお誘いをいただきました。
明石の駅前の居酒屋と、とても雰囲気の良いバーで、充実したひととき。

 51:49でも、お客様が選べば100になる。
 あと1、2を上積みするために、何をすべきか、どう表現すべきか・・・。

 発想を具現化するまでの実践方法とは。

などなど、問題提起をしながら、あーでもない・こーでもないと、「あしたからの」実践に
ついて、熱く語らいました。

愚痴をこぼすだけになりがちな「酒の席」ではありますが、こうやってしっかりと問題提起を
することの出来る方との時間は、いい刺激になります。早速自分も応用させてもらいたいと
思います。ありがとうございました。

経営者の集まる同友会って、「年齢に関係なく、フラットでいいよ~」というのが売りのはず
なんですが、時々やっぱり、どうしても(それは上からからだなぁ・・・)と内心思ってしまう
ような方もいらっしゃいます。疲れます。少なくとも自分にはノーサンキューです。

だから、Eさんのように同じ高さで語ってくださる方との時間は、勢い、自分が話している
時間も長くなるので、語らいながら、自らの考え方を整理するいい時間になるんですね。

経験的にも、老若男女問わず、驕らず、相手と同じ目線で話の出来る人の会社はいい方向に
成長していることが多いように思うので、自分がこれから歳をとり、経営者として経験を
重ねたとしても、「謙虚な姿勢」は決して失ってはならないと改めて思いました。

語るのは簡単、書くのも簡単。

大切なことは、それを浸透させること。

自分はこうして、blogやMLといったメディアを通じて「成文化」をすることで自分の退路を
断ちながら、覚悟ある経営に臨んでいきたいと思います。

@木曜日

一転して、今日は、プライベートのとある事情で重たい日。

ひとが死ぬということは、なにかを残すということであり、それは「教え」や「思い出」
といった温かい響きを持つ場合もあれば、「財産」や「恨み」といった、負の感情を抱きがちな
言葉に代表されるようなものになる場合もあるわけです。

そして、法治国家である日本の場合は、必然に、裁判所だとか何だとかいった機関で、権利
関係を争ったりする可能性もあるわけで・・・(まわりくどい表現でごめんなさい)。

ま、ともかく。

自分は、こういう人間にはならんぞ。
寂しい人間になってたまるものか。

そういうことを考えた一日になったわけです(という強引なまとめ)。

役所、戸籍謄本の父の名前には×印が入っていて。

突きつけてくれなくてもいいのに。
わかってるのに。

でも、わかりたくないのに。

声を出して仏壇に。

「もういちど、、、」で、始まる涙声。

情けなく疲れた顔の一日で、ゴメンナサイ。  あしたから。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

笑っている記憶が最新で、本当によかった。

祖母が先ほど亡くなった。 言葉の種を植えてくれた人の再生、命の源泉である人の訃。自分のルーツについて考えさせられる歳末。 会いにいってきます。 — 西端康孝 / 川柳家・歌人 (@bata …

これだけは君に伝えておきたい。

頭痛にはバファリン。溶けたい時にはウニ。 僕はそのことを、ちゃんと伝えていくことのできる人間でありたいんだ。

商品開発に向けて。

今日は手芸コーナーを見て回っています。いろいろヒントが貰えますね。

CDという形に残るもの、出会いという心に響くもの。

blogのサイドバーで、Twitterの発言内容を表示するようにしてみました。→ @bataで遊んでいます。是非、ゆるりと繋がっていただきたく、フォローなどいただければ。 ばた on Twitter …

この場所で眠らせて ― 君を朝まで帰さない。

Mさんと夕食、溶岩焼き。 上り切ってしまえば下るしかない、から、上り続ける。見上げている山は果てしなく大きいのだろうと思う。 ところどころ、自分には妥協する癖がついているのではないだろうか。 話を伺い …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)