川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

上杉達也に遠い夜のこと。

投稿日:

週末から入力の連続で、肩から肘、指先にかけて痺れが来ています。
ちょっとした高校球児状態。がんばれたっちゃん。

軽くお酒飲んで、寝ることにします。 びば、前張り焼酎。

夜中の震度1、でも、身体の震えが止まらなくなる。

誰かの命が壊れてしまうような、遠くから近くへ、一瞬で迫り来る地響きがあの日を
昨日に位置づけて、涙さえ危うい。

父のこと、地震のこと。
ついでに言えば、歯医者さんへの恐怖。

自分が崩壊を始める3つの要素。

こういうのって、どんな風に乗り越えられるって言うんだろう。

お酒は答えをくれない。
子どもとか大人とか、こういうのって関係ないよね(違う?)

褒められたい夜、も、空回り。

気温10度の半袖は、十分に汗もかけず、中途半端なジョギングに終わった。
なんだかんだ、今日は40点くらいの一日。

愚痴っぽい酒になっちゃったな。


ワンワン

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

ビンゴ。

当ててくれー。

今日の村上給食。

器が綺麗になりました。味に変化はありません(涙)

あの日の僕等 / 松山千春 ~見上げた空は青く貧しさも将来も気にせずにいられた

松山千春さんの新曲あの日の僕等を聴く。 CHAGE&ASKAは僕にとって宗教、松山千春さんは僕にとって哲学と信条である。 春と秋のコンサートに通い続けて、もう20年近くになる。歌声や詞の内容 …

no image

つまり、ボクの、持ちネタのような。

とうきょうとっきょきょかきょきょ。 となりのきゃくはよくかきくうきゃきゃきゃ。 …疲れてるせいだね。  

ほとけには桜の花をたてまつれ我が後の世を人とぶらはば

世の中に絶えて桜のなかりせば春の心はのどけからまし あしひきの山桜花日並べてかく咲きたらばいたく恋ひめやも ほとけには桜の花をたてまつれ我が後の世を人とぶらはば 昔の人も、今の僕たちも、未来の誰かも、 …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)