雑記

二酸化炭素は温暖化に関係しているのでしょうか。

ようやく機種変更(912SH→933SH)してくることが出来ました。

ケータイのカメラに1000万画素があっても仕方ないと思うのですが、
やっぱり、数字の訴求力って強いんでしょうね。

自分の場合は、blogに気軽に投稿出来ればそれで十分なので、普段はVGAにて
撮影をすることにしています。

あ、でも。

縦横、自動判別するのはエラいなぁ。

携帯を変更出来て、一番嬉しいのはPCメールに対応していること。

出先からでも、気軽にPCのアカウントでメールを送信することが出来るようになりました。
これまでも、PC宛のメールは携帯に転送していましたが、送信はケータイのアカウントから
行っていたので、大切なメールのやりとり(流れ)がPCに残らない、もしくは、
その都度PCに転送する必要がありました。

これからは、先方との話題の内容やスキルに応じて、こちらのアカウントを使い分けて
いく運用が出来ます。

これが一番便利で嬉しい(←だったら何も、最高の機種でなくてもいいんだけど)。

2日ほど体調を崩していたので、3日ぶりのジョギング。

一日のどこかで、意識して汗をかくのはいいリフレッシュになります。
さぼってちゃダメですよね。

この時期にしては、まだ、涼しすぎる夜のジョギング。

自分は、二酸化炭素が地球の温暖化に悪影響を与えているという諸説については、
いまいち根拠がなさすぎる気がして、その立場をとりません。

むしろ、太陽(黒点)活動が、地球の気温に影響を与えていると考える説の方が
しっくり来るのですが、実際はどうなんでしょうね。

co2削減目標について、麻生首相が強気な発言をしていましたが、今現在の数値目標でさえ、
産業界には大きな影響を与えていると聞きます。

仮に、二酸化炭素が地球の温暖化に本当に影響を与えているのだとしても、政治家レベルの
話し合いではなく、実務者(化学者)同士が話し合いを行わなければ、絵に描いた餅に
なってしまうのではないでしょうか。

どことなく、また、パフォーマンスのような感じがして、不信を感じてしまいます。