雑記 PR

身体は動いていても前には進まない、それが足踏みなのだから。

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

女性経営者の方お二人のお話を、それぞれ伺う機会をいただいた。

   仕組みを作ったり、

        縁を繋いだり、

  既成概念という常識にとらわれなかったり、

           走りながら考えていたり。

つまり、僕は普段、「女性である」という理由だけで、ある固定的なイメージを
抱き過ぎていることを痛感させられたという次第。

柔軟というか、しなやかというか。

鋭い感性に、身震いするほどの感動を覚えた。
同時に、焦りも覚えた。

こぼすのではなく「伝え」なくては。

誰の心も打たない。

今日の感動を、エネルギーにする。 決めた。


サラリーマン時代はこのすぐ近くで働いていました、神戸市役所です。