川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

約束をするピアノ。

投稿日:

ローランドのデジタルグランドピアノ新製品を試奏させていただく機会がありました。

p_index_rg3f[1]

いい音、いいタッチ。
そしてコンパクト。

ピアノへ、という身構え方をする必要がなく、気軽に音符に飛び込める感覚。
音符を身近なものにしてくれるアイテム感が嬉しくて、思わず値段を聞いてしまうほどでした。
(買えませんけど^^;)

3才になる前から、父と母は、ピアノを習わせてくれました。

親の期待を裏切ってはいけないという気持ちから、義務感で続けていたような時期もありましたが、
良質な教育をしてあげたいと無理をしてピアノを買ってくれた話は、今聞いても胸が熱くなります。

商売がしんどくて、生活が苦しくて、でも、そんな時でも、ずっとピアノは手放さないでいてくれた。

実家に帰って、ピアノを見るたび、そんなこれまでのことを思いだして、
今ある自分の「おかげさま」を意識することが出来ます。

9月14日、父の誕生日でした。

その二日後にひとつ大人になる自分のことを仏前で報告。
感謝と、これからのよろしくを。

そして、いろんなお仕事のお話をいただけるようになったことは、やっぱり、父と母の与えてくれた
たくさんのチャンスがルーツになっていることを改めて。

始まりのピアノ。

想いあるものを奏でるように表現して、伝え残していくことが自分の仕事。
34才という一年も、この気持ちを大事に、ひとつひとつを取り組んでいくことを約束して。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

旧事務所の大掃除と、火葬に向かった桜の葬列と。

旧事務所の大掃除。 彼らは今、それぞれに新しい命を授かり、その誕生に向けて仕事に家族のケアにと一生懸命頑張ってくれている。自分自身が働く父の背中を見て育ったので、彼らの働く姿も子どもたちに見てもらいた …

no image

もの書きの仕事を通じて。

一週間に2~3件は、新規のご相談をいただいています。 印刷の仕事、ホームページに関する仕事。デザインの仕事、コピーライティングの仕事。 有り難いことです。 うちの会社にご相談いただく仕事で、コピーライ …

心に元気を足す時間。

好きな音楽たちの映像を眺めたり。お気に入りの詩集を思うまんまに開いてみたり。 一日に、必ず一度は意識して作る時間。 満たされて今度は、さらにいいものを創り出せますように。

no image

台風に、すこし。

台風が近づくと、こうして朝まで、ずっとNHKを眺めている。 昔から変わらない習慣。天気予報の映像に合わせて流れるクラシック、そして、急に切り替わってアナウンサーの声。 家にじっとさせる台風の、そんな、 …

no image

負はアイキャッチになりやすいが、度が過ぎると痛くなる

「身から出た錆」も悲劇に組み込んで自分語りをしてしまうと、取り巻きの一層目の人たちからは「痛い」と思われてしまい、やがて離れていってしまうのではないか。そうして今度は二層目の人たちが、一層目となり、や …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)