川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

経験談を語る年上は、価値を下げることが多いから。

投稿日:

経験談は、上手に語らないと相手を戸惑わせるだけだ。

「教えてあげたい」という年上の気持ちは理解できる。
ただ、苦労話や成功体験などは、相手が挫折しているときにヒントを与える意味でのみ
するべきで、その空気も読めずに語り始めると、結果、「しんどい年上」として価値を
下げることになってしまう。そんな人をたくさん見てきたし、今もたくさんいる。

そうやって価値を下げている人のことを、反面教師としたい。

成長させる、という言葉も、なんだか烏滸がましく。

「教える」のではなく、「気付かせる、悟らせる」言葉の選び方をして、自主性に
委ねたい。人は元来、自分で伸びていくように出来ている。

・コストとは「お金」「時間」「場所」である
・会話の中に「相手の名前」を入れて話すと、親近感、安心感を与える効果がある
・アンゾフの成長マトリックスについて、事業の多角化とは
・値下げ交渉があったときの対応について→線になるお付き合いの仕方
・相手から質問をしてもらえるトークの構築

そんな話の二日目。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

ミニ盆栽と。

太陽へおはよう。

北野工房のまち。

クリスマスイルミネーション。

二丁目。

no image

誕生日おめでとうのメッセージには、なにかひと言を添えてみてはどうだろう?

誕生日におめでとうのコメントを残せば、せっかくの時間を返信作業で奪ってしまうのではないかと思うし、病気の人にお大事にと伝えれば「大丈夫です」と無理をさせてしまいそうだし。カタチだけの無力ではなく、チカ …

no image

死んでいなければ、生きていれば。

@水曜日 「生意気な奴め、ツラ貸せやコラ」、と言われたかどうかはともかく。 全兵庫経営研究集会で知り合った、東播支部のE社長から食事のお誘いをいただきました。明石の駅前の居酒屋と、とても雰囲気の良いバ …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)