川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

鼻で笑っただろうな、そして僕は、横で怒ってる。

投稿日:

商売人だった父に、商売のことを語る。

命日、仏壇前は励まされ、立ち位置を確かめる場所。
たくさん泣いた。

3年経っても、まだ、こんなに逢いたい自分がいた。

父の生きた、神戸を歩く。

街は、どんどん表情を変えている。
横にいたら、どんな風に、この景色を声に出しただろう。

神戸の観光資源であるはずの夜景は、無意味な自粛の、闇のなかに。

きっと、鼻で笑っただろうな。
そして僕は、横で怒ってる。

温かなスープも、屋根の下の暮らしも、
全てが元通りになっていくためには、経済があってのこそ。

お金をまわしていくことも、また、「僕たちの出来ること」。

お金を使わないことで、死ぬ人もいる。
僕は、人殺しにはならない。

日本を殺さないための出来ることを、継続していく。

たくさん、たくさん泣いた。

父さんへ。
今日までの僕と、今日からの僕を、

いつもずっと、ありがとう。

Google

Google

-雑記

執筆者:


関連記事

no image

家に帰るまでが遠足で、氷を齧り終わるまでが喫茶店だと思ってる

詩を書く人のノートにはどんなことが書かれているのか興味があると言われたけれど、「家に帰るまでが遠足で、氷を齧り終わるまでが喫茶店だと思ってる」だとか「RATAI NO OSHIRI」なんて書いてあるメ …

no image

5匹の愛犬たちに会いに行ってきた。

5匹の愛犬たちに会いに行ってきた。 骨を預かってもらっている霊園には、ほかにもたくさんの動物たちが眠っている。すぐ隣の骨壺には、サンタクロースの小さな帽子がかぶせられていて(それが宗教的になんらかの不 …

no image

被害者同士の比べっこ。

「神戸のときと比べればマシだ」という論調があるのは、ちょっと悲しいな。

かまど地獄一丁目。

空の思うツボになってやる。

太陽って奴は、カレンダーを読めるんじゃないか。 どうして日曜に限って、そんな優しい顔を浮かべたりするんだ。夕暮れに走らせる車に、なんて切ない表情を向けるんだ。 ええい、ええい、そっとしといてくれぃ、こ …

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)