川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

ひとを壊し始めた言葉の贈り物。

投稿日:

「うちの会社、こういう状況なんですよね。まいっちゃうなぁ」

そんなこぼし方をされた時は、「聞いてほしい」のシグナル。
同意してあげると喜ばれる。アドバイスをしてはいけない。

「Aさんだったら、こういう時、どうしますか?」

と、聞かれて、はじめて相手の気持ちに添ったアドバイスを贈る。

ひとは疲れる生き物だし、どうしたって愚痴や苦悩といった、負を帯びた言葉を
こぼし始めてしまう。

つい、アドバイスという解決を送ってしまいたくなるのもまた、ひとという生き物ではあるが、
相手の語尾からタイミングを察しなければ、余計に相手を追い込んでしまうことだってある。

向き合うより先に、横に並ぶことが出来ているかどうか。

優しさも、尖ると痛いから。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

ごめんごめん、年賀状に「去年」という言葉は使っちゃいけないんだった。

年賀状に「去年」という漢字を用いてはいけない理由をコトバノで紹介したことがある。 「去」という字は死を連想させる忌み言葉なので年賀状では用いてはいけません。年賀状では「旧年」「昨年」という言葉で前年の …

今日の村上給食。

おかずは飛び出し、くしには『うし』と刻まれて。

no image

元気ですか? 元気です。 喪中なんて、関係ないです。

「印刷」の仕事に携わってこの時期、年賀状は勿論だけれど「喪中葉書」の依頼を良く受ける。   人が死んだら、喪に服さなくちゃならない。   喪に服してる間は、おめでとうだなんて不謹慎だ。 あぁ、でもね。 …

我慢。

うー。

オグシオを目指しましたが。

秋のグラウンド。オグシオを目指しましたが、20分で、もう、ベンチの日向ぼっこ。 まだまだ走り込みが足りません。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)