川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

ひとを壊し始めた言葉の贈り物。

投稿日:

「うちの会社、こういう状況なんですよね。まいっちゃうなぁ」

そんなこぼし方をされた時は、「聞いてほしい」のシグナル。
同意してあげると喜ばれる。アドバイスをしてはいけない。

「Aさんだったら、こういう時、どうしますか?」

と、聞かれて、はじめて相手の気持ちに添ったアドバイスを贈る。

ひとは疲れる生き物だし、どうしたって愚痴や苦悩といった、負を帯びた言葉を
こぼし始めてしまう。

つい、アドバイスという解決を送ってしまいたくなるのもまた、ひとという生き物ではあるが、
相手の語尾からタイミングを察しなければ、余計に相手を追い込んでしまうことだってある。

向き合うより先に、横に並ぶことが出来ているかどうか。

優しさも、尖ると痛いから。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

高く高く、空へ空へ。

あーちゃんを空へ、見送ってきました。 先に待ってくれている3匹の家族と、父親と。穏やかな時間を過ごしていてほしいものです。 ありがとう、と、寂しいの。 ただ、繰り返し。大きな存在でした。

沖縄名物紅いもヘルシードリンクと黒糖玄米。

大変まずそうでございます。

no image

汗と涙は青春、鼻水は風邪、そして松山千春。

流行に敏感な僕は、やっぱり大きなティッシュの山を築きあげ。 格闘しています、風邪のバカヤロー。 ちなみに、インフルエンザの予防接種は昨日受けてきました。 そして、会社用に加湿器も買ってきました。でも、 …

ぶじかえる。

動かせます。

明日、お届けします。

ふあうすと川柳社、全国作家年鑑。 今年も無事、完成できました。 あとは、明日の納品のみです。 深夜の事務所にて。 みんな、頑張ってくれました。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)