川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

川柳

【川柳】星の降る夜 東北の傷のこと

投稿日:

「おかげさまで」という言葉の美しさを想う。

何かは誰かの力になり、誰かは誰かの支えになる。
「出来ること」を問い続け「出来ること」は積みあげ続けられた。

川柳という詩のなかに、たくさんの祈りがあったこと。
美しい国だな、と、思うことがたくさんあった。

鈴の音が街に響きはじめた。

関西にいて、3月の震災のことは少しずつ遠くなっていく。
苦しみと悲しみを完全に共有することは出来なくても、

「日本も捨てたものじゃないな」

そんな想いの育まれた一年であったことを思い出しながら、
師の走るこの一ヶ月を駆け抜けていきたい。

星の降る夜 東北の傷のこと

川柳「ふあうすと」12月号裏表紙掲載句

Google

Google

-川柳

執筆者:


関連記事

no image

【川柳】頑張れと言わず自らやる姿勢   ばた

小さい会社なので、上も下も、右も左も、何もない。 ただ、それぞれが「頑張れ」と口にするよりも先に行動を起こすこと。その行動に触発されて、次の誰かの、手が、足が、頭がすっと動き出すような。 そんな好循環 …

no image

【川柳】死にたいと言い秋刀魚など焼いている   ばた

秋がやってきましたなぁ、今年も、今年も。 ===   【掲載】死にたいと言い秋刀魚など焼いている     ふあうすと2007年10月号    全人抄(谷口 幹男選)

no image

【川柳】千年の未来へ 龍の起きあがる

土埃の匂い、ブルーシートの屋根、瓦礫の街を抜けて、大学受験に向かった阪神淡路大震災。 失った悲しみよりも、受験という緊張よりも、触れてくれた優しさのひとつひとつが、今の僕を形成している。 神戸だからこ …

no image

【川柳】演出が好き 家族って似るんだね / 君は死に僕の絵の具になりました

16年寄り添ってくれた愛犬が逝く。父は桜の舞う中を、愛犬はサクランボの薄紅で出来た絨毯の上を旅立っていった。サンタの演出が好きだった父に似て、我が家のアイドル犬もきっと時季を選んだに違いない。似ている …

no image

【川柳】焼香の順序 ひそひそ声がする   ばた

追伸 そんなわけで、うっかり忘れておりましてどうぞ、安らかにお眠りください。 ===   【掲載】焼香の順序 ひそひそ声がする     ふあうすと2007年11月号    全人抄(谷口 幹男選)

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)