雑記

思えば汚れた大人になってしまったものだ。

「大丈夫、そのうち理解出来るようになるから」
「俺も最初はよくわからなかったよ」
「心配しないでいい。今はまだ、わからなくて当然」

どうやら、年上の彼氏が彼女に勉強を教えているところらしい。
午後の賑やかなファミレスで、制服たちは楽しそうに顔を寄せ合っている。

「そっか。いつか出来るようになるよね」
「焦らないでいいんだね」

「いつか」や「そのうち」を信じられる心は大切だな。

そんなことを思いながら、
かつての制服は、白のシャツを珈琲で汚して憂鬱な顔をしているのである。