雑記

仕組みという言葉が好き。

仕組みという言葉が好き。ゼロは何処までもゼロだけれど、ゼロがイチになることを体験出来たら、あとはその方法の露出と接触の機会を高めたらいい。

もっとも、この方法で際立ってしまうのは個であり、組織にはならない。個というイチの存在に依存してしまうことはリスクそのもので、そのパワーバランスや出口への動線については試行錯誤が必要だ。

出来ていないことの多いまま発信に注力する姿を見せることは、なんだか申し訳ない気持ちもあった。それでも、いま、実験を重ねている幾つかの成果は、お客さんに還元していくことが出来るような気はしてきた。

仮説と継続。
体験していることだから、語尾を強くして言えること、寄り添えること。