川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

踊り場を抜ける失敗

投稿日:

トラブル対応で京都まで。

アクセルに疲れてしばし休息。渋滞のないままにやって来ることが出来たのが不幸中の幸い。

商売だから利益も大事なんだろうけれど、それはあくまで結果として残るもの。商売だからこそ、約束に生きなくてはならないのだろうと思う。

反省は、次のどんな行動に反映させていくか。失敗こそが学びであるのだとすれば、いまはきっと、踊り場を抜けようとしているところ。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

美しい国の、美しい僕でありたい。

明石出身なので、明石を元気にします! そう主張する選挙ポスターにいつも違和感を覚えてしまう。 それは地方自治体の長たる市長が国に対して行うべき仕事であって、国政に出る人間が、地元への利益誘導を堂々と行 …

明石、魚の棚。

「ほうき」を持って歩く人がいるかと思ったら、それは「たこの干物」でした。

山陽そば(山そば)を語る! 高速そばを語る! 立ち食いうどんにはコロッケが合う!

立ち食いのうどんが大好きだ。 なかでも「山陽そば」は東播(東播磨)地区に住む自分にとって中学高校時代から愛し続けるソウルフード、僕たち地元の人間は「山そば(さんそば)」という愛称でこれを呼ぶ。あごの悪 …

龍野西SA。

岡山まで、風呂入りにいってきます。

月と明石海峡大橋と。

●○●-食べよ。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)