川柳

【川柳】君と来た場所で瞼を閉じている   ばた

あの日の風の匂いだとか。

あの時の空の色だとか。

指で弾いた程度の「しびれ」が残っている心の場所があります。

「点」であるはずの情景は、いつまでも輝きを失わず、温もりを失わず。

ずっとずっと、その場所から僕を、繋いでいます。

瞼の裏にある、温度。

同じ場所で、僕は今日も、出会っています。

=====

毎月投稿している「川柳マガジン」、2月号では2人の先生に選んで
いただきました。

一つは「秀作一」(特選の次)。

おぉぉ、でっかい活字になってるー!!!
と声出して喜んでしまいました。

川柳、楽しいですよ。 今月も、なんとか締切当日に投稿を終えました・・・。

  【秀作一】君と来た場所で瞼を閉じている

    月刊川柳マガジン2006年2月号
    読者柳壇(雑詠、安永理石選)

  【佳作】君と来た場所で瞼を閉じている

    月刊川柳マガジン2006年2月号
    読者柳壇(雑詠、斎藤大雄選)