川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

同じ未来に臨むなら、どれだけの準備をしてその場に向かうべきなのだろう

投稿日:

「自分ならこんな風に議事を進めるし、あんな風な決め方は絶対しない。ダメダメだな、この会議」- 自分との相性だけで会議に臨んでいたのも今は昔。最近は色々な方の考え方を客観的に眺められるようになった。

自分ならこうするという仮説を持って臨めば、差異が意識できて面白い。仕事と同じで、受身や義務感だけで参加していては駄目だということだろう。居心地の良い共感もあれば、真逆の場合もある。その真逆に感情的にならずに咀嚼できれば、自分の経験値はあがる。筋肉の超回復と似ているのかもしれない。

自分より年下の人の通夜式に参列したのは初めての経験だった。血の繋がりのあるご家族の無念を思う。そんなことがあったから余計に、時間の価値を考えさせられた。人の生き方から与えられることの最大は、時間の使い方なのではないか。同じ未来に臨むなら、どれだけの準備をしてその場に向かうべきなのだろう。

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

神戸土産の売り上げが20%伸びた秘密。

店舗紹介コメント作成。こんな仕事も承っています。 「書く」「描く」「伝える」…。 商売の大切なところ、お手伝いいたします。 等身大の広告制作については、どうぞお気軽にご相談ください。 移動中の電車から …

no image

お客さんとメンバーを侮辱されたような気がした、殴りたくなった。

― 明石市の公務員試験に、去年3点差で合格出来なかったので、もう一度挑戦すれば受かるはず。前川企画印刷の仕事は、やりがいを持てない。公務員の仕事は誇りに思える。辞めていいですか、まだ、本採用前だし ― …

朝から震度5。

自宅前の歩道が拡がるのはいいんですが、群発地震が止まりません(涙)

山内一豊の妻千代。

内助の功。

熱帯魚たちの真冬の引っ越し

今回の引っ越しの最大のポイント。堪えてくれー

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)