川柳をこよなく愛する明石のタコ

神戸の印刷会社、前川企画印刷の代表ばたがお届けしております

雑記

駐車場のおじさんとした約束に、僕はまるでメロスになったようだよ

投稿日:

ずっと続いている目の痒み、クシャミ。我慢出来なくて掻いてばかりいると、とうとう瞼が腫れてきてしまった。

土曜日の朝の眼医者さんは大人気。駐車場には管理人のおじさんがいて停める場所がないことを僕に告げる。

「停める場所、ないですか」
「ないんだよー」
「僕の目の痒みも止まらなくて」
「そうなのか」
「がんか」
「ん?」
「いや、なんでもないです」

途方に暮れてしばらく困った顔を浮かべてみる。するとおじさんは、僕に優しい声で耳打ちしてくれた。

「治療が終わったらすぐに帰ってきてくれるかい?」
「勿論ですよ」
「だったら、ここに停めたらいい」
「医院だけに?」
「ん?」
「いや、ほんとにいいんですか?」
「君を信じて待っているとも」

そう言っておじさんは、本来関係者だけが停めていい場所に僕の車を誘導してくれた。僕はそう、いま、メロスになったんだ。

待合室の行列、呼ばれるまでのまだまだ。

だけど僕は必ず帰る、おじさんのところに。「もう痒みはなくなりましたから」その喜びを一番に伝えるために。おじさんの優しさに報いるために。

「ちゃんと帰ってきてくれたんだね」
「それが僕のeye(愛)ですから」

Google

Google

-雑記

執筆者:

関連記事

no image

葬式のお布施の金額は世間体で決めて満足して。

「いい坊さんで、丁寧なお経で、有難い有難い・・・」 親戚は皆、そんな風に感じ入っていた。 僕は、白々とした気持ちでそんな光景を見渡す。 確かに、自分の経験と照らし合わせても丁寧なお寺さんだなぁとは思う …

今日もリハビリへ。

だいぶ良くなりました。雨の中、傘の自転車で病院へ。 のんびりした空気の中、身体をほぐしてもらいます。

no image

痴漢を撃退したら、ホームの端まで吹っ飛んでいったお話。

学生時代、京都まで毎日1時間以上の電車通学をしていました。 ある日、混雑する車内。一人の男性の手が、若い女性の腰やお尻のあたりまで伸びているのを目撃。あまりに親密そうに抱きついているものだから、恋人同 …

白かなー。

いや、おいら、紅ですってば。

Panasorac – 工業地帯の風。

尼崎、気持ちいい風が吹いています。 空が優しすぎる。静かに過ぎて行く一日。

Google


↑成人式や卒業式、入学式に似合う髪飾り特集はこちら
(コトバノ監修/【ギフトにも最適、桐箱付】)